お役立ちブログ

働くママ&主婦

【主婦向け】パートの履歴書の書き方と志望動機の例文を紹介

  • #履歴書
  • #志望動機
  • #主婦
【主婦向け】パートの履歴書の書き方と志望動機の例文を紹介

子供も大きくなり、そろそろパートを始めてみようかと考えている主婦の方もいるのではないでしょうか。

今まで専業主婦だった方は、履歴書の書き方など、わからないことや不安に感じることも多いと思います。履歴書に記入する志望動機は採用する側にとっても重要なポイントであり、主婦ならではの書き方のコツもあります。

今回は、これからパートを始めようと思っている主婦の方が知っておきたい、志望動機を書くうえでのポイントについてご紹介します。

 

志望動機は自分の言葉で表現することが大切

志望動機は自分の言葉で表現することが大切

パートの面接の場合、採用担当者は面接におけるやりとりと、履歴書内に書いている情報が主な判断基準となります。特に志望動機は、履歴書の項目の中でも、ここで働きたいという意欲を直接的に伝える部分となるためとても重要です。

ここでアピールが十分にできないと、採用担当者は「それほどうちで働きたいとは思っているわけではないか」と感じてしまいます。

採用する側の立場に立って考えれば、少しでも「ここで働きたい」という思いが伝わってくる人を雇いたい、と考えるのは当たり前のことですよね。

 

たとえば、「仕事内容に興味があるから」といった、どこでも通用しそうな言葉では、相手にも響きません。できるだけ具体的に、”なぜその職場で働きたいのか”ということを、自分なりの言葉で書くことが重要なポイントです。

「アパレル業界に以前から興味を持っていた」「貴社の店舗を訪れた時に、スタッフの素晴らしい対応に感銘を受け、そのノウハウを学んでみたいと思った」など、具体的な方向性や例を交えながらアピールすると良いでしょう。

 

文章の上手い下手は関係ありませんので、ネットなどからそのまま引用するのではなく、自分で考えることも大切なポイントです。

 

経験やスキルをアピールしよう

経験やスキルをアピールしよう

あなたが持っている経験やスキルは、積極的にアピールすべきポイントです。

特に、志望している仕事に役立ちそうな経験やスキルであれば、ぜひアピールすべきです。今までに経験した仕事や取得している資格等も採用側からみればプラスのポイントとなります。

たとえば、「実家が自営業で経理の業務を手伝っていました」などの情報を入れておけば、経理関係の経験やスキルをアピールできます。「人と話すのが好き」「手先が器用」といった、ちょっとしたことでも構わないので、自分を振り返ってみれば何かしらのアピールポイントが必ずあるはずです。

 

主婦の方の場合、毎日の家事や育児等もあるため、働ける時間も限られてくるかもしれません。パートの場合、勤務時間などもある程度調整が効くので、勤務可能な日数や1日当たりの時間など、自分がどの程度働きたいかという希望を記入しておくこともポイントです。

採用側にとって、その人がどのくらいの日数・時間働けるか事前にわかれば、シフトの調整もしやすくなります。

また、ご主人の扶養範囲内に抑えたいのか、フルタイムで働きたいのか、決まったシフトで働きたいか、といったあたりも併せて記入するようにしましょう。

 

伝え方で受け取り方は大きく変わる

毎日が忙しい主婦にとって、職場が自宅から近いというのも志望動機として多く挙げられるものの一つです。ただ、「職場が自宅から近いから」では、採用担当者へのアピールにはなりません。

同じ「職場が近い」という志望動機を書く場合でも、「子供がまだ小さく、預けられる場所も少ないので、自宅から近く、通勤しやすいこちらのお店を志望しました」と、表現を工夫して具体的に書けば、雇用側へ与えるイメージはまったく違ったものになります。

 

働く意欲を少しでも感じてもらえるように、文章を考えて書いてみましょう。上手でもそっけない文章より、下手でも熱意のこもった文章の方が好印象を持たれます。

 

記入欄と文章のバランスを考えて書く

記入欄と文章のバランスを考えて書く

志望動機欄に記入する時、記入欄と文章全体のバランスを考えることも、重要なポイントです。

文章が短すぎて記入欄に大きな余白が開いてしまっていると、働きたいという意欲が伝わりません。かといって、ダラダラと長文を書き連ねて記入欄が小さい文字でギュウギュウになってしまっても見づらくなってしまいます。

履歴書は欄外にはみ出さないように、要点を簡潔にまとめ、全体的にバランスのとれた内容に文章をまとめて記入するのが上手な書き方です。

 

アピールしたいこと、記入するべき点などを箇条書きにして、文章にまとめていくのもいいかもしれません。文章ができたら下書きをしてみて、バランスを確認するのもおすすめです。

 

まとめ:志望動機は自分の言葉で書こう

履歴書に記入する志望動機は、採用の可否を決める重要な判断材料です。採用担当者に良い印象を持ってもらうためには、具体的かつ簡潔に伝えることが大切です。

「働けるならどこでも構わない」と考えている人も多いかもしれません。ですが、たとえそうだとしても、何かしらの志望動機を考えて、自分なりの言葉で記入するようにしましょう。

 

こちらの記事もチェック!

【学生向け】志望動機の書き方は?バイトの履歴書で使える例文を紹介

【フリーター向け】印象の良い志望動機とは?履歴書書き方のコツ

短期バイトの面接で聞かれることは?志望動機の答え方や服装の選び方