BLOG

コンビニバイト

コンビニバイトの面接で聞かれる質問は?服装マナーと必要な持ち物

  • #面接
  • #服装
  • #聞かれること
  • #持ち物
コンビニバイトの面接で聞かれることは?

学業や仕事の合間にできる短期のアルバイトとして人気のコンビニバイト。

バイト未経験の方はアルバイトの応募をする際に、面接時にどのような準備をしていけばいいかと不安に思う方もいるのではないでしょうか。

今回は、面接でどのようなことを聞かれるか、また持ち物や服装など事前に用意するべきことについてお伝えします。
しっかりと準備をして、あなたもコンビニバイトを始めてみましょう!

 

面接時に聞かれることや心がけたい態度とは?

面接時に聞かれること

新しいアルバイトを採用するにあたって採用担当者がもっとも気にしていることは、実際に働きはじめたときに、その人がどの程度の仕事をしてくれるかということです。

コンビニバイトの面接では以下の項目をよく聞かれることが多いので面接時までに整理しておきましょう。

 

よく聞かれる質問項目

●シフトの希望 → 勤務できる曜日や希望時間帯など
●いつから働けるか?
●通勤手段 → 徒歩、自転車、車、電車、バスなど
●志望動機
●過去のバイト経験や他にバイトをしているか など
バイト未経験の方も、今までの経験で仕事に活かせることなどを伝えましょう。

 

コンビニバイトにおいて事前に必要となる能力はあまりありませんが、真面目に仕事に取り組んでくれそうな人か、仕事に対する真剣さはどの程度のものかということを面接の際には見られています。

事前に勤務できない曜日や時間がわかっている場合は、面接の際にしっかりと伝えておくようにしましょう。家の事情や学校の予定など、シフトが入れられない理由を伝えておくことが大切です。大学生や高校生などの学生は、学校の予定を事前に確認してまとめておくと良いでしょう。

働ける時間帯を伝えておくことも大切です。高校生までは日中の時間しか働くことはできませんが、大学生は深夜でも働くことができます。深夜の方が時給が良いため、日中は学業に専念して、夜中だけ働きたいという方も多いようです。

店側としては深夜は人手不足になりやすく、深夜勤務を望めば喜んで採用してくれるかもしれません。また、あなたの希望する時間を事前に伝えておくことで、シフトの組み方も考慮してくれます。

 

コンビニバイトでは接客のお仕事なので、コミュニケーションスキルも大きな判断材料です。お客様や一緒に働く店員と意思疎通ができないことには、採用する店側としても仲間として受け入れることは難しくなります。

面接時には接客業で働く人間として最低限必要なマナーや態度、言葉遣いなども見られています。

面接時には背筋を伸ばして姿勢よく座り、相手の質問にはハキハキと答えるようにして、採用担当者によい印象を与えることが大切です。

 

面接時に聞かれることで難しいものはほとんどありません。基本的には履歴書に書かれている情報を詳しく聞くか、これから仕事に臨むにあたっての意気込みなどを聞かれます。

しかし、相手も真剣なので、質問に適当に答えていたり嘘をついたりしても意味がありません。正直にあなたの思っていることを話すことが一番です。

 

面接時に必要な持ち物

持ち物を揃えよう

アルバイトの面接時に必ず必要となるのが履歴書です。

履歴書にはプロフィール、経歴(学歴や職歴)、アルバイトの志望動機を書き、証明写真を張り付けておく必要があります。趣味や特技を書くための欄もあるため、できるだけ埋めるようにしましょう。

面接時にはこの履歴書の情報から質問をされることがよくあります。コンビニバイトをするうえで必要になる能力は少ないですが、それでも学歴や得意なことは多ければ多いほど有利です。

履歴書の内容を詳しく書いておくことで面接で答える内容の予習にもなります。特に志望動機は面接時に必ず聞かれますので、思いつくことをできるだけ書いておくことをおすすめします。

 

履歴書以外の必要な持ち物

事前に必要な持ち物を言われていなければ、特に持っていかなければならないものはありません。ただし直前にバイト先の都合で予定が変わることもあるため、すぐに連絡がつくスマートフォンなどを携帯しておくことは必須です。

面接の際には記入するものがあったり、メモをとっておく必要がある場合もあるため筆記用具は必需品です。また、その場で採用された場合には、コンビニの制服などを持ち帰ることもあるのでバッグなどを準備しておくと便利です。

 

着ていく服装について

着ていく服装について

服装は基本的にはどのようなものでも大丈夫ですが、着ている服装で相手に与える印象は変わってきます。特別に着飾る必要はないですが、見た目による第一印象は気にしておくとよいでしょう。

高校生などの学生さんならば学校の制服がおすすめです。一目見るだけで学生だということがわかりますし、きちっと着こなしていることで真面目さをアピールできます。

学校の帰りにそのまま行くこともできるため、気楽に面接に臨むこともできるというメリットもあります。その際はボタンを上までとめておくなどをして身なりを整えておくとさらによい印象を与えます。

参考:高校生がバイトの面接を受けるときの服装は制服?それとも私服?

 

私服を着ていく場合は、なるべく洗ってある清潔な服装を心がけましょう。その際に注意したいのは、自分が気に入っている服装でも相手に与える印象は違うかもしれない、ということです。

たとえば古着のダメージジーンズなどはあまり印象は良くありません。これからやろうとしているのは「アルバイトという仕事だ」ということを認識して、仕事仲間に会うのにふさわしい格好をしていきましょう。

身なりにも気を遣っておく

また、服装だけではなく、身なりにも気を遣っておくことも大切です。髪形を整えたり爪を切っておくなどして、清潔感のある身なりを意識しましょう。

コンビニバイトはお客様と接する機会の多い接客業ですので、髪を染めたり爪を伸ばしていることを禁止しているところが多いようです。

面接時にもそのような目につく装飾はチェックされています。身なりを整えて相手によい印象を与える服装を意識しましょう。

 

コンビニバイトの面接は堅くならず自然体で

コンビニバイトで必要になるものは、ほかのバイトほど多くはありません。面接時も難しいことは考えず、自然体で臨めば大丈夫です。

コンビニでのアルバイトは同年代の仲間がいたり、よい出会いもあるなど楽しく働くことができます。短期で働くことはもちろん、長いこと働けば給料も上がり、リーダーとして多くのスキルを得ることもできます。

自分の都合に合わせて時間を組める自由性の高い職場なので、まずは気軽に面接を受けてみてはいかがでしょうか。