お役立ちブログ

高校生バイト

高校生がバイトの面接を受けるときの服装は制服?それとも私服?

  • #面接
  • #服装
  • #高校生
  • #バイト
  • #制服
高校生がバイトの面接を受けるときの服装は制服?それとも私服

バイトの面接を受けるときに、どんな服装がいいのか悩む人は多いでしょう。特に高校生はまだ社会経験が少ないので、常識を知らずに失敗してしまうことも多数あります。まずは、バイトの面接を受ける際の常識を把握しておきましょう。

ここでは、高校生がバイトの面接を受ける際の正しい服装や、注意すべき点などについて紹介します。事前に服装のポイントをしっかり把握しておけば、初めてバイトの面接に臨む人も失敗せずに済むでしょう。

 

制服と私服、どちらもOK

制服と私服、どちらもOK

高校生の場合、バイトの面接では制服と私服のどちらで受けても構いません。

ただし、あまりにも崩れた私服で面接を受けると、面接官にだらしない印象を与えてしまい、面接に落ちてしまうことがあるので要注意です。私服に自信がない人は、制服を選ぶといいでしょう。

制服のチェックポイント

制服のチェックポイント

制服を着てバイトの面接を受ける場合、自分流に着崩したりせず、見た目の清潔感を意識することが大切です。例えば、短すぎるスカートやズボンの腰履きなどは、面接を受ける際にイメージダウンとなるので要注意です。

普段自分流に着崩して制服を着ている場合は、身だしなみを整えてから面接に向かいましょう。自分では普通に着ているつもりでも、人から見るとふさわしくないと思われることがあるので、心配な人は面接を受ける前に一度、家族や友人にチェックしてもらうといいでしょう。

 

ローファーの履き方にも注意が必要です。普段かかとを踏み外して履いている人は、かかとを踏んだまま面接に向かうことは避けるべきです。見た目がボロボロのローファーだと悪い印象を与えてしまうため、別の靴に履き替えるか、きちんと汚れを落としてから面接に臨むようにしましょう。

ローファーだけでなく靴下もチェックされることがあるので、派手な柄の靴下を履くのは避けて、面接用にオーソドックスな靴下を準備しておきましょう。

 

制服がブレザーの場合は、ネクタイをきちんと絞め、ボタンを全部閉めておく必要があります。ネクタイが曲がっていたり、下手な結び方をしていると面接官にだらしない印象を与えてしまうので、鏡で一度見た目をチェックしてから面接を受けましょう。

事前にネクタイの正しい締め方をマスターしておけば、バイトの直前に絞め直すことができます。

 

シャツを着ていく場合は、襟と袖のボタンの閉め忘れに注意しましょう。特に夏場はボタンを閉め忘れることが多いので、面接直前のタイミングに一度ボタンの閉め忘れをチェックしておくと安心です。

私服のチェックポイント

私服のチェックポイント

私服で面接に臨む場合は、派手な服や露出が多い服を避けて、シンプルさと清潔感を重視しましょう。無地のシャツや膝丈のスカート、無地のパンツなどであれば大丈夫です。

ジーパンやTシャツを着ても問題ありませんが、ダメージ加工されているジーパンや、よれよれのTシャツだとだらしない印象を与えてしまうので、面接の場に着ていくのは避けるべきです。ジーパン以外にも、スラックスやチノパンなどがあればそちらを選択しましょう。

 

スニーカーで面接を受けても問題はありません。ただし、サンダルを履いていくことは避けましょう。マリンスポーツ系のバイトでない限り、サンダルやハーフパンツなどカジュアル過ぎる服装は避けるべきです。

冬場はセーターやコートを着ても問題ありませんが、派手な柄やカラーは控えるようにしましょう。

 

面接はあくまでビジネスの場であって、オシャレをアピールする場ではありません。そのことを事前に把握しておけば、自ずと着ていくべき服も自分で選べるようになります。

面接官に好印象を与えるためには、派手過ぎないシンプルな服を着ることが大切です。私服に自信のない人は、面接に行く前に一度、親に私服をチェックしてもらうといいでしょう。

ただし、シンプルな服装であっても、シミが付いている服や毛玉だらけの服は不潔に見えるので、面接の場に着ていくことは控えるべきです。

 

アクセサリーや化粧にも注意しよう

アクセサリーや化粧にも注意しよう

制服と私服、どちらを着ていく場合も、アクセサリーに注意しましょう。指輪やネックレスなどのアクセサリーはすべて外して面接の場に臨むのがベストです。

普段、派手なベルトを使用している場合は、面接時には外しておき、黒などシンプルなカラーのベルトを着用するようにしましょう。アクセサリーやベルトは盲点となりやすいので、面接に臨む前にしっかりチェックしておく必要があります。

女性の場合は、派手な化粧やネイルも控えましょう。特に食べ物を扱うバイトでは、派手なネイルや長すぎる爪は不潔なので、面接の際に大きなイメージダウンとなってしまいます。面接に臨む前に爪などを切っておき、当日は薄目のメイクで面接に向かいましょう。

参考記事:

バイト面接は身だしなみが大切!高校生・大学生向けおすすめメイク術

 

まとめ:バイトの面接には清潔感のある服装を選ぼう

高校生がバイトの面接を受ける際の服装は、制服と私服のどちらでも構いません。ただし、どちらを選ぶにしても、見た目の清潔感を意識することが大切です。

面接はあくまでビジネスの場なので、着崩した服装は避け、清潔感のある控えめな服装を心がけるようにしましょう。

面接を受ける直前に一度、服装を鏡でチェックしたり親に相談しておくと、失敗せずに済みます。

高校生歓迎のお仕事を見てみる