お役立ちブログ

履歴書ノウハウ

短期バイト応募時の履歴書の書き方!志望動機の記載は必要?

  • #履歴書
  • #志望動機
  • #書き方
履歴書セット

プライベートな時間を確保しながらお金も稼ぐためには短期バイトが最適です。短期バイトで働く際には履歴書が必要となることも多くあります。たかが履歴書と思わず、バイト先に採用されやすくなる履歴書や志望動機を書けるようになることも大切です。

今回は短期バイトで働く際に必要となる履歴書の書き方のコツや志望動機にどのようなことを書けば良いのかということについてお伝えします。

 

学生向け志望動機の書き方と例文を紹介
【学生向け】志望動機の書き方は?バイトの履歴書で使える例文を紹介

主婦向け志望動機の書き方と例文を紹介
【主婦向け】パートの履歴書の書き方と志望動機の例文を紹介

フリーター向け志望動機など履歴書の書き方のコツを紹介
【フリーター向け】印象の良い志望動機とは?履歴書書き方のコツ

 

印象の良い履歴書の書き方とは?

履歴書を書こうとしている

短期バイトと言えども、仕事を獲得するためには履歴書の提出や面接が必要になることが多くあります。職種にもよりますが、中には一次選考が履歴書のみを見て行われるケースもあり、印象の良い履歴書を書ける人が有利になることも。

そこで気になるのは印象の良い履歴書とはどのような履歴書なのかということだと思います。

採用担当者が見やすい履歴書とは

一言で説明するとすれば、”採用する人が見やすい履歴書”ということが言えます。具体的には、綺麗な楷書で丁寧に書かれていることや、きちんとした履歴書用の写真が貼られていること、そして必要事項が漏れなく書かれていることなどが挙げられます。

履歴書は必ずしも手書きで書かなければいけないわけではありませんが、手書きの字の方が丁寧さが伝わりやすくなります。手書きの字に自信がなかったとしても心配する必要はありません。字の上手さよりも全ての字が丁寧に書かれていることが重要です。

取得資格がない場合は「特になし」でOK!

履歴書には学歴や取得資格を書く欄があります。書ける資格が1つもない場合でも「特になし」と書くなど、できるだけ空欄を作らないことを心がけましょう。一つひとつをきちんと書くことで丁寧な履歴書という印象を与えることができます。

履歴書に貼る写真は証明写真を使用する

履歴書に貼る写真についても、きちんとした証明写真を使用するようにしてください。

履歴書の写真によって応募者の印象が大きく左右される可能性が高く、小さな写真だからと侮ってはいけません。採用担当者はその小さな写真を見て応募者の印象を確認することはもちろん、応募者が一般常識を身につけているのかを判断したりすることもあるのです。

当然ですが、遊んでいる時などに友達と撮った写真を自分の顔だけ切り取って貼るのは避けた方が良いですね。きちんとした服装で、無地の背景で撮った証明写真は必ず用意してください。
あなたの印象の良い表情を知るためにも、最初は写真屋さんに証明写真を撮りに行き、プロのカメラマンを利用することもおすすめです。

履歴書はあなたの印象を左右する

履歴書用紙を購入すると見本の例文が紹介されていることが多いので、その見本と同じような書き方で履歴書を作成すれば基本的には問題ありません。

履歴書は応募者の印象を左右するだけではなく、仕事を任せられるだけの常識を備えているのかということまで見られています。履歴書を通して採用担当者に良い印象を与えられるようにする書き方を心掛けましょう。

 

志望動機って?短期バイトでも記載は必要?

面接で志望動機を聞かれている

短期バイトの応募の際に履歴書内の志望動機欄に記載する必要があるのかわからないと思う方も多いかもしれません。志望動機は書き慣れていないとどのように書けば良いのか分からないかもしれませんが、じつは志望動機を書くことはそれほど難しいことではありません。

志望動機の書き方でお悩みの学生さんには以下の記事も参考になりますよ。

【学生向け】志望動機の書き方は?バイトの履歴書で使える例文を紹介

志望動機には応募した素直な気持ちを書く

基本的にはそのバイトに応募した素直な理由や目的を書くようにしましょう。しかし、単に時給が高いからなど条件面だけが応募の動機だった場合は、別の志望動機を探すようにしてください。

仕事内容などを再確認し、その中で魅力を感じたところはどこなのか、どれだけその仕事をしたいのかということを志望動機欄であなたのやる気や熱意をアピールすることが大切です。

または、学生時代の経験や今までの勤務経験で、自身がどれだけその仕事に貢献できるのか、そして今までの仕事でどれだけの成果を出したのかを記載することも忘れずに書いておきましょう。

条件面を志望動機にしない

単に条件面だけを志望動機として記載している応募者と、仕事内容を志望動機として記載している応募者がいた場合、採用担当者が受ける印象は後者の方が良くなる場合が多いのです。

仕事を勝ち取る上では、条件面だけではなく、採用担当者が一緒に気持ち良く仕事ができる人なのだという印象を履歴書を通して与える必要があります。

志望動機をきちんと書く=面接時の緊張対策?

面接では緊張してしまってアピールする内容を全て伝えきれないということもあるかもしれません。また、採用担当者も応募者の印象を確認をする際に履歴書を見直すかもしれません。履歴書の志望動機にきちんと記載しておくということは、伝え漏れの防止や採用担当者にきちんと伝えるためにも、とても重要なポイントとなるのです。

志望動機を書くことは採用への近道

短期バイトを希望される方の中には履歴書の志望動機を空欄にして提出する場合も多いようです。そのような中で、きちんとした志望動機を丁寧に書くことによって、他の応募者との差別化を図ることができると考えられます。

短期のバイトだからと軽んじることなく、きちんと取り組む姿勢を履歴書を通してアピールすることで採用される可能性も高くなるのです。

 

まとめ

短期バイトに応募する際には、一般的な書き方で作成された履歴書を提出し、採用担当者に常識的な人間であることをアピールすることが大切です。

そして、空欄で提出されることも多い志望動機をきちんと書くことによって他の応募者との差別化を図り、あなたの仕事に対する真剣さや持っているスキルをアピールするようにしてください。

隙間時間で稼げる短期バイトで効率的に働き、プライベートも充実させましょう。

参考:「好きな時」に「好きな場所」で働ける コンビニ短期バイトに特化した人材派遣

 

こちらの記事もチェック!

【学生向け】志望動機の書き方は?バイトの履歴書で使える例文を紹介

【主婦向け】パートの履歴書の書き方と志望動機の例文を紹介

【フリーター向け】印象の良い志望動機とは?履歴書書き方のコツ

短期バイトの面接で聞かれることは?志望動機の答え方や服装の選び方