お役立ちブログ

コンビニバイト

フリーターと正社員それぞれのメリットとデメリットとは?フリーターを選ぶならコンビニ派遣!

  • #メリット
  • #デメリット
  • #フリーター
  • #正社員
  • #コンビニ派遣
フリーターと正社員それぞれのメリットとデメリットとは?フリーターを選ぶならコンビニ派遣!

就職や転職を前に、フリーターと正社員のどちらがいいか悩んでいる方はいないでしょうか。

最近ではフリーターをあえて選ぶ人も増えましたが、どちらの方がよいのでしょうか。

ここではフリーターと正社員、それぞれのメリットとデメリットを比較してみたいと思います。

コンビニ派遣の魅力についても触れますので、どうぞ最後まで目を通してくださいね。

フリーターのメリット

フリーターとして働く理由はさまざまですが、そのメリットに惹かれる方も多いと思います。

まずはフリーターのメリットとデメリットを整理してから、フリーターと正社員を比べてみましょう。

時間単位で働ける

正社員の働き方も多様化していますが、時間単位で働けるフリーターはシフトを好きなように組み立てられます。

その為多くのメリットを生み出します。

・やりたいことを続けながら働ける
・子育てや家族との時間を大切にできる
・ダブルワークが可能
など。

仕事によっては時間帯や曜日が限定されますが、フリーターなら気軽に他の仕事も探せます。

時間単位での仕事は「何かを諦めずに働けること」と言えるでしょう。

残業がない

正社員の場合、残業が必要になることも少なくありません。

繁忙期にはプライベートの予定を立てられないという正社員も多くいます。

時間単位で働くフリーターは基本的に残業がなく、業務を交代する相手が遅刻でもしない限り時間通りに仕事が終わります。

シフト制で融通が利く

前もって予定がわかっている時だけでなく、急な用事ができてもフリーター同士で融通し合えるシフト制の職場があるのもメリットです。

「小さなお子さんがいる」「就職活動中で面接を受けたい」「独立に向けて準備したい…。」事情を抱えていても無理なく働けるのは、正社員にはない利点です。

フリーターのデメリット

フリーターの仕事もメリットばかりではありません。デメリットもしっかりと把握しておきましょう。

ボーナスがない

フリーターでも時給の高い仕事はあるため、時給ベースで考えれば必ずしも不利とはいえません。

正社員であっても業種や企業の業績によって給与に大きく幅があるのも理由の1つです。

しかしフリーターはボーナスがないことから、年収ベースでは正社員より少なくなる傾向です(少額ながらフリーターにボーナスを支給する企業もあります)。

一方、急な入用があった場合は、フリーターは日払い・週払いといった制度の利用が可能です。

時給額や日払いなどの有無によっては、フリーターも収入面で正社員に劣らない魅力があるといえるでしょう。

フリーターと正社員の差は就業先で決まる!選ぶならコンビニ派遣を

フリーターと正社員、それぞれのメリットとデメリットを表にまとめました。

フリーターと正社員の比較

就業先によって環境も大きく異なるため、フリーターであっても仕事選びにはこだわりたいところでしょう。

フリーターよりも正社員のほうがよいと思いがちですが、実際にはそれぞれメリットとデメリットがあり、何を重視するかによってベストな選択も変わることがわかります。

そんな中でコンビニ派遣は時給が高く、働く時間帯も早朝から深夜まで選択肢が多いメリットもあります。

今月は3日だけ働く」という風に決めることも可能なため、仕事に縛らずに予定も立てられます。

フリーターとして働くなら、フリーターのメリットを最大限に活かせるコンビニ派遣が断然有利です。

こちらの記事もチェック!
浪人失敗からフリーターになろうか迷っている・・・コンビニ派遣なら多くの選択肢が!
新卒で仕事を始めたが仕事が合わない・・・フリーターになりたいならコンビニ派遣はいかが?

まとめ:フリーターと正社員それぞれのメリットとデメリットとは?フリーターを選ぶならコンビニ派遣!

フリーターは自由な面が多い一方で、デメリットも存在します。正社員はボーナスの支給や、企業に属する安心感などがありますが、時間的な自由は得られにくいでしょう。

その為、一概にどちらのほうがよいという時代ではなくなったと言えます。

そんな中でフリーターを選ぶならば、時間・給与のどちらも条件のいいコンビニ派遣は、とても魅力的な選択肢です。

丁寧な研修や選べる働き方、給与の日払いなども行っている職場をお探しの方は、是非コンビニスタッフプロモーションをご利用ください。