お役立ちブログ

短期バイト

短期バイトを辞めたい!理由の伝え方と必ずやっておくべきこととは?

  • #理由
  • #伝え方
  • #辞めたい
  • #辞める
  • #辞め方
仕事を辞める

短期バイトを理由があって辞めたい、もしくは辞めなければならないこともあるかもしれません。短期バイトは期間が限定されたバイトなので、本来は任期満了まではしっかり勤めあげたいものです。

辞めるということは切り出しにくいことですが、信頼を失わずに角が立たないようにやめる意思を伝えることが大切です。

そこで今回は、短期バイトを理由があって辞めなければならなくたった際の、伝え方ややっておくべきことについてお伝えします。

 

長期勤務のバイトで働いている方はこちらの記事がオススメです。

バイトを辞めたい!知っておきたい辞め方のポイントのまとめ

 

辞めたい理由は納得できるものか

理由を訴える

短期バイトを辞めたい、もしくは辞めなければならない時、その理由はどのようなものでしょうか。辞めたい理由が何か、理解してもらえる理由なのかが重要です。

体調不良や家族の事情など、やむを得ない理由で辞めなくてはならないのならば、それをきちんと伝える必要が出てきます。

このような場合なら、正しい伝え方さえすれば理解してもらえることがほとんどでしょう。もちろん、どんな理由であっても雇用側は困るものなので、言葉を選び、誠心誠意伝える必要があります。

しかし、短期間だけのバイトだとしても、契約満了までは仕事を全うする責任があります。しんどいから辞めたい、自分には向いてないと思うから辞めたいなどという理由はもちろんご法度です。

 

誠意をもって辞める意思を伝える

誠意を見せる

やむを得ない理由で短期バイトを辞めなくてはならないとしても、まずはもう一度立ち止まってよく考えてみることが大切です。

周りのサポートなどを受けて仕事を続けることができるかもしれませんし、場合によっては何とか契約満了の日まで働ける方法があるかもしれません。

まずは継続して働ける可能性を考え、それでも何ともならない時は誠意をもってバイト先に理由を伝えてください。

どのような理由でも謙虚に伝える

正当な理由があれば理解を得られることがほとんどですが、やはり伝え方は重要です。どんなに正当な理由だとしても、辞めることが当然だと言わんばかりの態度では印象が悪くなってしまいます。

次の仕事にも支障をきたす可能性もありますし、どのような理由であっても謙虚さが必要です。

何とかして続ける道はないか様々な可能性を考えたけれど現実的に難しいということ、そして本当はここで辞めてしまうことは本意ではないという気持ちも伝えられたらスマートです。

単に辞めたいわけではない、ということを相手に理解してもらうことが重要です。

 

辞める前にやっておくべきこと

バトンを引き継ぐ

短期バイトを実際に辞めることが決まったとき、どのような理由でも辞める前にやっておくべきことがあります。

それは、「職場での就業ルール」を今一度確認することです。

短期バイトで人員を雇用する場合、多くのケースが「人手がほしい」ということがあります。そのため、たとえ一人だけだとしても、急に人員が減ってしまうことは問題なのです。

引継ぎは口頭だけではなく書面も残す

やるべき仕事を中途半端にしていたり、引き継ぎをしっかりと行っていなければなおさら大変な状況になってしまいます。

残された人たちが困らないように、限られた時間できちんと業務の後始末をしておくことは重要です。

継続していかなければならない大切なことは、なるべく口頭と書面の両方で残し、別の人にしっかり引き継いでいきましょう。

 

もちろんアルバイトであっても同じです。残された人たちが困るようなことを残していかないということも、誠意を伝えることの一つです。

急なことであったとしても、可能な限りやるべきことをやってから辞めることが大切です。

辞めるからこそコミュニケーションを大切に

業務を引き継ぐとき、その伝え方にも人柄が現れるものです。「どうせ辞めるから」ではなく、「自分が辞めたあともお願いします」と、最後までコミュニケーションを大切にしましょう。

どうしても辞めなければならない理由があったとしても、契約満了前に辞めるときは周囲も良くは思わないはずです。

少しでも理解を得られるように、業務においても態度においても謙虚さと誠実さが必要です。

 

まとめ:やめる時には謙虚に、誠実に

短期バイトであっても責任のある仕事だということは変わりません。
当初考えていたものと違った、予想以上に負担が大きいなど、たとえ思っていた仕事と違っていたとしても、最後まで勤め上げたら自分のためになるもなります。

やむを得ず辞めなくてはならない場合、その伝え方を学ぶことも社会人として大切なことです。短期バイトだけではなく、他の仕事や正社員として働くときにも必ず活きてくるはずです。

 

こちらの記事もチェック!

バイトを辞めたい!知っておきたい辞め方のポイントのまとめ