BLOG

面接

主婦がパートの面接を受ける時の服装は?メイクなどの注意点も

  • #面接
  • #服装
  • #主婦
  • #パート
主婦がパートの面接を受ける時の服装は?

主婦の方がパートで働こうと思った時、ふと気になるのが面接のことではないでしょうか。どんな服装をしていけば良いのか、メイクはやっぱり控えめが良いのかなど、判断に迷ってしまうこともあるものです。

短期で働くにしても、応募したからには受かりたいものですし、何より不採用になるのはショックですよね。

ここでは、そんな悩める主婦向けに、面接時の服装やメイクなどの、主に容姿に関する考え方を紹介していきます。少しでも面接官に良い印象を与えて採用を勝ち取りましょう。

 

面接はやっぱりスーツ?

面接はやっぱりスーツ?

はじめに、服装についての考え方ですが、面接というと無難にスーツが良いかな、と考える人は多いはずです。

パートの面接と言えど採用試験には違いありませんので、スーツを視野に入れるのは正しい判断と言えます。ただ必ずしもスーツにこだわる必要はなく、その他の服装でも良いこともあるのです。

判断の目安は、「どのような業種や職種の仕事なのか」というのがひとつのポイントになってきます。ケースに応じて柔軟に対応をしていくことが大切です。

 

スーツが良い場合のパターンとしては、カウンター業務やオフィスワークなどの場合です。こういった仕事の面接の場合、カジュアルな格好で行ってしまうことで、パートの採用試験だろうとマナー違反に取られてしまう恐れがあります。

特に、従業員が制服やスーツで働いているようなところは、身なりに気を使っている職場と判断できます。下手に個性を出すよりも、落ち着いた色合いのスーツでまとめるようにした方が、印象は良くなるはずです。

 

一方、スーツではなくとも良い場合として、コンビニや飲食店、アパレル系などが挙げられます。こういった職場では、スーツでの面接が求められること少ないです。

また、アパレル系ですとファッションセンスが見られるため、個性のない地味なスーツよりも、自分のセンスをある程度表現できる服装の方が面接官にも良さが伝わることもあるでしょう。

とは言え、どちらにしてもカジュアル過ぎるのはNGです。襟付きジャケットや上品なデザインのアンサンブル、ひざ丈スカートなどの、きれいめ系の落ち着きのあるコーディネートでまとめるのが無難と言えます。

 

メイクで気をつけることは?

メイクはどうする?

メイクに関しては基本的にナチュラルを意識して臨むことをおすすめします。ここで言うナチュラルとは、あくまでも薄づきメイクであり、ほぼスッピンのようなメイクではありませんので注意しましょう。アイシャドウやアイラインを抑えめにする、チークを入れ過ぎないなどの、落ち着きのある大人のメイクを意識することが必要です。

ただ、美容関係の仕事ならば、もう少ししっかりめでも良いことがあります。そこはケースに応じて適宜判断をしなければいけません。

 

次にヘアメイクについてですが、髪は表情がしっかりと見えるように処理するのが基本。髪で顔が隠れていると印象が悪くなってしまいます。後ろで束ねておくか、ピンでうまく留めておくなどして、生き生きとした表情が見えるように工夫をしましょう。

髪色も印象を左右するポイントですので気を配りたいところです。明るめに染めている場合は、髪が目立ち過ぎないよう、少しトーンダウンをさせた方が、面接に相応しい身なりに整えられます。

 

小物まわりにも注意をしよう

小物まわりにも注意をしよう

服装やメイクに気を配れば面接はOK、と言いたいところですが、意外と見られる小物関系にも注意を払うことが大切です。

例えば、ネックレスやピアスなどのアクセサリーは、目立つ物を身に着けていくのは良くありません。さりげなく見える程度に着飾る分には、洗練された上品さを演出できることもありますが、いかにもファッションのためのアクセサリーは場違いな印象を与え兼ねません。大きく目立つサイズの物や、揺れるデザインの物などは外しておくのが無難でしょう。

 

靴にもしっかりと意識を向ける必要があります。足元はよくチェックされる部分で、目を引く派手なデザインだったり、ヒールが高く歩きにくいものだったりするのは良くありません。おとなしめのパンプスやローファーを履いた方が、足元のコーディネートで減点をされる心配がないです。

素材にこだわって選択をすれば、地味になり過ぎることもなく、控えめながらもセンスのアピールにつながるでしょう。

 

かばんをどう選ぶかも意識したいところです。これもまた目立ち過ぎないデザインを選ぶことが大切ですが、同時にサイズにも気を配るようにしましょうね。例えば履歴書を持参するのなら、折れた状態で差し出すのは印象が悪いため、A4サイズが余裕で入るかばんを選ぶ必要があります。

また、当日には資料などをもらうこともありますので、スマートに入れられるサイズの方が利便性も高いです。

素材はしっかりとした作りの物を選ぶのがおすすめ。簡素な素材のトートバッグなどですと、どこか安っぽく抜けた印象を与えてしまうかもしれません。かといって別に本革である必要もないものの、その時のコーディネートを踏まえ、チープ感が出過ぎない物を選んだ方が洗練されます。

 

主婦に限らず”清潔感”が大切

清潔感を大切に!

面接に臨む際の大原則もあります。それは、清潔感のある服装やメイクを心掛けることです。

いくら適した服装などを準備したとしても、シワや汚れ、ニオイなどがあるようでは印象が良くありません。、夏場になりやすい汗ジミやストッキングの伝線、手入れのされていない爪など、細かい部分も印象を左右することがあります。

パートだろうとそこで働く従業員になるわけですので、「どうせ主婦のパートだから」という意識で臨むのは注意が必要。見た目に面接を軽視する姿勢が垣間見えてしまうと、その時点で印象を落としてしまう恐れがあるのです。

清潔感を含め、細部まで意識をして準備万端で臨めば、良い印象を残しやすくなりますよ。

 

服装やメイクはTPOを意識すること

服装やメイクなどの選び方は迷ってしまいがちですが、基本の考え方を押さえておけばそれほど判断の難しいものではありません。TPOに相応しい選択をすると共に、清潔感のある身なりに整えるようにすれば、見た目で印象を落とす心配はないはずです。

第一印象で合否に影響を与えるため、適切な準備を行い面接に備えましょう。