お役立ちブログ

コンビニバイト

コンビニバイトの履歴書の書き方!志望動機や証明写真にも気を配ろう

  • #履歴書
  • #志望動機
  • #書き方
  • #コンビニバイト
  • #写真
コンビニバイトの履歴書の書き方!志望動機や証明写真にも気を配ろう

コンビニバイトは数あるアルバイトの中でも比較的気軽に始めやすいお仕事です。ただ、他のアルバイトと同様、応募先のコンビニに採用されるためには、履歴書にある志望動機はもちろん、履歴書に貼る証明写真にも気を配る必要があります。

ここでは、コンビニバイトの履歴書を書くときに知っておきたい、志望動機の書き方や証明写真の撮り方、履歴書の渡し方のマナーについて紹介します。

 

コンビニバイトに採用される履歴書の書き方とは?

採用される履歴書の書き方

履歴書を作成するときは、応募先企業に好印象を持たれる書き方をする必要があります。そのためには、応募先企業がどのような仕事を募集しているのかについて、しっかり把握しておきましょう。

コンビニバイトの仕事は、レジ打ちや品出しなど多岐にわたります。また、一つの業務ではなく複数業務への対応が不可欠です。

なかでも大切なのは接客業務。接客態度によってはお店の印象を左右しかねません。履歴書の作成に際しては、接客業務に興味があることが伝わる書き方を心掛けましょう。

 

履歴書は第一印象も大きな鍵を握ります。コンビニの採用担当者の目に留まるためには、読みやすい履歴書かどうかがポイントです。文字の上手い下手ではなく、わかりやすく丁寧な文字で履歴書を書くことで印象度アップにもつながります。

「文字は体を表す」ではありませんが、履歴書の文字によって自分の性格を判断されることも少なくないのです。コンビニバイトのチャンスを逃さないためにも、しっかりと押さえておきましょう。

 

なぜコンビニバイトで働きたい?志望動機で自己PRをしよう!

自己PRする女性

履歴書の作成に際しては、応募先企業の採用担当者が重視する内容を把握することが大切です。履歴書には「学歴・職歴」や「免許・資格」など複数の欄がありますが、可能な限りすべての欄を満たすようにしましょう。空白欄があるとマイナスイメージにもつながる可能性があります。

これまでバイトで働いた経験がない人は、仕事に対する意気込みが伝わるような工夫が必要です。履歴書の中でも「志望動機」は自己PRができる貴重な場所です。志望動機欄は採用する側になって考えることが大切です。

 

志望動機を書く方としては、まずは応募先コンビニを選んだ理由を明確にすることです。たとえば、「販売されている商品が好き」といった、そのコンビニならではの魅力に触れることが大切です。また、「接客業に興味がある」「接客や流通勉強したい」など、前向きな気持ちをアピールすることも必要です。

長くバイトを続けるためには、自宅から近いことも強みになるかもしれません。また、シフトが不規則な場合も積極的に対応するとの熱意を示しましょう。もちろん、できないことをアピールするのはよくありませんので、その点には十分な注意が必要です。

 

志望動機の例文の書き方がわからないという方にはこちらの記事が参考になります。

【学生向け】志望動機の書き方は?バイトの履歴書で使える例文を紹介

【フリーター向け】印象の良い志望動機とは?履歴書書き方のコツ

【主婦向け】パートの履歴書の書き方と志望動機の例文を紹介

 

コンビニバイトは清潔感が大切!印象を良くする証明写真の撮り方

印象を良くする証明写真の撮り方

履歴書を作成するときは証明写真を貼る必要があります。バイトに応募するときは履歴書を面接当日に持ち込むケースもありますが、証明写真は必ず用意するようにしてください。

履歴書に記載されている証明写真のサイズを守って、まっすぐ貼るようにすると良いでしょう。細かいところではありますが、写真のサイズが合っていなかったり、写真がズレて貼っているだけでも、応募者の性格などを判断する目安にされてしまうこともあります。

 

証明写真の質も意識したいところです。コンビニバイトに応募するときは、さわやかな感じをアピールできるような写真写りを意識しましょう。

清潔感のあふれる服装を着用することはもちろん、顔が隠れないように髪をしっかり整えることも大切です。コンビニバイトでは食料品なども扱うこともあるため、女性の場合であれば派手なメイクを避けるなど、清潔感のある印象を与えるるように意識してください。

証明写真はスピード写真を利用する方法もありますが、写真館で撮影したほうが確実です。証明写真にもこだわることで自分のイメージが良くなります。

 

履歴書を入れる封筒の選び方や渡し方のマナー

履歴書を入れる封筒の選び方や渡し方のマナー

履歴書は採否を左右する大切な書類です。応募先企業に採用されるためには、作成した履歴書の扱い方にも注意する必要があります。

履歴書の封筒は「白」を選ぶことがポイントです。封筒のサイズは履歴書よりも一回り大きいサイズを選び、A4サイズであれば「角形2号」、B5サイズであれば「角形4号」の封筒を選ぶと良いでしょう。郵送で送る場合は「定形外郵便物」となります。

 

封筒をカバンに入れるときは、カバンの中を整理することも大切ですが、封筒が汚れたりニオイが移ったりする恐れのあるものはカバンに入れないようにしましょう。履歴書をクリアファイルに挟んでから封筒に入れるとシワになることを防げます。

コンビニバイトに応募する場合、面接当日に履歴書を持参する形式もよくあります。履歴書を手渡しするときは、封筒やクリアファイルから出して渡すようにしましょう。

履歴書を渡すときは、相手側から正面になるようにし、両手で渡すことが大切です。封筒やクリアファイルを履歴書の下に添えると渡しやすくなります。なお、担当者に履歴書を渡すときは、無言で渡すのではなく、「よろしくお願いいたします」と一言添えて渡すことも大切です。

 

まとめ:履歴書では好印象を与えることを意識しよう

今回はコンビニバイトの履歴書で良い印象を与える志望動機の書き方や、証明写真で意識するべき点についてお伝えしました。

履歴書は良くも悪くも、あなたの印象をダイレクトに採用担当者に伝えてしまいます。履歴書にシワや汚れがあったり、字が丁寧に書かれていなかったりすれば、それだけで印象は悪くなってしまいます。

履歴書は丁寧に作成することはもちろん、志望動機に記載する内容だけではなく、履歴書自体の扱い方にも十分に気を配るようにしましょう。