お役立ちブログ

日払いバイト

日払いはダブルワークに最適?日払いダブルワークをする際の注意点について

  • #掛け持ち
  • #メリット
  • #日払い
  • #ダブルワーク
日払いはダブルワークに最適?日払いダブルワークをする際の注意点について

ダブルワークで仕事を掛け持ちする時、どんな仕事が向いているのでしょうか?

今回は、
・日払いの仕事はダブルワークに向いているのか
・ダブルワークをするための注意点
について解説していきます。

日払いはダブルワークしやすい

ダブルワークは2つの仕事を掛け持ちすることで、1つの仕事をするよりたくさん稼げる傾向にあります。

「バイトは決まったけど、思ったよりシフトに入れない」という理由でダブルワークを始めるケースもあります。

普通のバイトでダブルワークをする人も大勢いますが、日払いの仕事を取り入れるのもおすすめ。

というのも、日払いの仕事は主に以下の2つのメリットがあるからです。

・お金が欲しい時にすぐ手に入る
・自分の好きなタイミングで働ける

普通の仕事では、毎日働いていてもお給料がすぐもらえるわけではありません。

そのため、急な出費に対応できないこともあります。

日払いであればタイムラグがほぼないので、なにかあっても柔軟に対応できますよ。

登録制の日払いバイトの利点は他にも、自分のスケジュールで動けることが挙げられます。

普通の仕事でダブルワークをすると定期的な出勤が必要ですが、日払いなら他の用事で忙しい時は無理に働かなくてもいいので負担が軽減されます。

正社員でも日払いのダブルワークは可能?

正社員だけどダブルワークで日払いバイトをしたい!と考えておられる方も多いでしょう。

ひと昔前は、副業を禁止している会社も多かったのですが、最近は働き方の多様性を推進する動きもあり、副業を解禁している企業も増えてきています。

元々法律的にダブルワークをしても問題はありませんし、厚生労働省が発表したガイドラインでは、過去の判例からも「企業は原則副業を認める姿勢を持つべきだ」という内容が記載されています。

参考: https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000192844.pdf

ただ、公務員など副業を禁止されている職業もあります。

日払いでもダブルワークをする際は、職場の人に一応報告しておくといいでしょう。

本業のルールを優先しよう

バイトでも正社員でもダブルワークをする時に注意したいのは、本業を疎かにしないことです。

業務規定を遵守するのはもちろん、ダブルワークをするなら本業に差し支えのない範囲で行いましょう。

日払いバイトでも無理してしまう事で、疲れが元となり体調が崩れて本業の勤務に影響することもあります。

職場に迷惑をかけないようにしたり、自分の健康を損ねないためにも無理なダブルワークは禁物です。

こちらの記事もチェック!
夜勤で働くメリットは?
派遣で夜勤をお探しならコンビニ派遣がおすすめ

まとめ:日払いはダブルワークに最適?日払いダブルワークをする際の注意点について

いかがでしたか?この記事では、

・日払いバイトはダブルワークに向いている
・正社員でも日払いバイトは原則OK
・職場と自分のためにもダブルワークは無理せずに行おう

という3点がポイントでした。

日払いバイトでのダブルワークは自分の都合に合わせて少しずつ始められるので、これから副業をする人にも向いているかもしれませんね。

 

業界シェアNo1のコンビニスタッフプロモーションは勤務地多数! シフトの種類も豊富に用意しています。

高時給でがっつり稼げる仕事をお探しの方!自分の都合に合わせて自由にシフトを組みたい方!

あなたの都合に合わせてお仕事をご案内します。電話やフォームから、気軽に登録できます!→応募フォームへ

 

今ならお友達を紹介頂くと、紹介したアナタとお友達に5,000円ずつプレゼント!!
お友達紹介キャンペーン実施中詳しく見る