お役立ちブログ

派遣

フリーターとフリーランスの違いとは?どちらも掛け持ちにはコンビニがおすすめ!

  • #掛け持ち
  • #フリーター
  • #コンビニ派遣
  • #フリーランス
フリーターとフリーランスの違いとは?どちらも掛け持ちにはコンビニがおすすめ!

「フリーター」と「フリーランス」。どちらも働き方を意味する言葉ですが、両者の明確な違いが良く分からない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで本記事ではフリーターとフリーランスの違いについて解説した上で、どちらの働き方を行っている方にもおすすめのコンビニ派遣についてご紹介します。

「フリーター」と「フリーランス」の違い

では早速、「フリーター」と「フリーランス」双方の意味について改めて確認した上で、両者の違いについて考えてみましょう。

「フリーター」「フリーランス」というワードは、それぞれ以下の様な内容を意味します。

<フリーター>
学生・主婦を除く若年者のうち、パート・アルバイト、および働く意思のある無職の人

<フリーランス>
自身の得意分野や知識・スキルを活かして、雇用主として独立して自由に複数のクライアントと契約を結び、仕事を行う人(個人事業主)。

両者の最大の違いは、フリーターは働いた時間に応じて雇用主から給与を受け取る一方で、フリーランスは働く時間や場所・業務内容を自分で決めた上で、その成果物に対する報酬をクライアントから受け取る、という点です。

案件の獲得~業務の遂行までを自力で行う必要がある点を考慮すると、フリーランスはフリーターよりもプロ意識や責任感が求められる厳しい働き方であるのは確かです。

ですがその一方で、自身のスキルや工夫次第で高収入を得られる可能性がある点が、フリーランスという生き方の最大の魅力であるとも言えます。

掛け持ち先としてコンビニ派遣がおすすめな理由

ではここからは、フリーターやフリーランスの方の掛け持ち先として、コンビニ派遣がおすすめな理由についてご紹介します。

掛け持ち先としてコンビニ派遣をおすすめする理由は、大きく分けて2つあります。

1つ目は、平均1,313円という時給の高さです。

都道府県ごとに多少の違いはあるものの、コンビニ派遣求人の時給は他業種の派遣アルバイトにおける時給と比べても高めに設定されています。

更に、深夜帯のコンビニバイトの場合であれば、時給1,500円以上の高時給案件も珍しくはありません。

短時間勤務でしっかりとお金を稼げる点を考慮しても、コンビニ派遣は掛け持ち先の仕事に適していると言えます。

2つ目の理由は、求人案件の多さです。

コンビニ派遣求人はほぼ全ての人材派遣会社で複数件取り扱われているので、自分の希望条件にマッチした案件が見つけやすい点が特徴です。

加えて、コンビニ派遣の業務内容は店舗の違いに関わらず、ほぼ全てのコンビニ店舗で共通しているので、

業務全体の基本的な流れを一度把握しておけば、様々なコンビニチェーンで問題なく業務に取り組める様になります。

まとめ:フリーターとフリーランスの違いとは?どちらも掛け持ちにはコンビ二がおすすめ!

フリーターとフリーランス。同じ様で異なる働き方を意味する2つのワードですが、両者の間には共通しているポイントが1つあります。

それは、「自分の意思で働き方を自由にカスタマイズ出来る」という点です。

フリーターの方にとってもフリーランスの方にとっても、掛け持ちで複数の仕事を並行して行う事は、スキルや収入をアップさせる上で重要なポイントとなります。

本記事を読んでコンビニ派遣に興味を持たれた方は、「コンビニスタッフプロモーション」(後述)の様な派遣求人サイトを活用して掛け持ち用の仕事を探してみましょう。

こちらの記事もチェック↓
コンビニバイトを続けるフリーターの将来はどうなる?
フリーターでも十分生きていける!ただし事前に知っておくべき事とは?

コンビニ派遣求人を探すならコンビニスタッフプロモーションがおすすめ

コンビニ派遣に特化した派遣求人サイトである「コンビニスタッフプロモーション」では、東京・神奈川を始めとした関東地区における7,000件以上のコンビニ派遣求人を取り扱っています。

コンビニバイト未経験者向けの研修制度や日払い制度、WEB・LINEを通した面接予約システム等々、

派遣スタッフをサポートする為の様々な制度が用意されているので、派遣求人に初めて申し込む方であっても安心して利用する事が可能です。

新しい働き方を模索中のフリーター・フリーランスの方は、ぜひコンビニスタッフプロモーションでコンビニ派遣求人に応募してみてはいかがでしょうか?