お役立ちブログ

バイト面接

コンビニバイトで落ちる人必見!採用されるコツ

  • #面接
  • #コツ
  • #未経験者
  • #経験者
  • #採用
コンビニバイトで落ちる人必見!採用されるコツ

「コンビニでアルバイトをしてみたいけれど採用されるか不安…」
「コンビニアルバイトの面接で落ちた。いったい何がいけなかったの?」

こうした不安や疑問にお答えするべく、本記事ではコンビニバイトで採用される為のコツをコンビニバイト経験者・未経験者それぞれのケースごとにご紹介します。

コンビニバイト経験のある方

コンビニバイト経験のある方がコンビニバイトに採用される上でのポイントは、今までのコンビニバイト経験やその経験から学んだ事をしっかりと伝える、という点です。

コンビニ店舗ごとに多少の違いはあるでしょうが、レジ打ち業務や品出しの方法といった基本的な業務内容はどのコンビニでも共通しています。

それらの業務経験がありイチから仕事を教えなくとも済むコンビニバイト経験者というのは、店舗側からすれば非常にありがたい存在です。

ですからコンビニバイト経験のある方は面接の際に、今まで経験してきた作業内容や接客で心がけるべきこと等を積極的にアピールする様にしましょう。

コンビニバイト経験のない方

では次に、コンビニバイト経験のない方がアルバイトとして採用される際のポイントについてご紹介します。

コンビニバイト経験のない方がアルバイトスタッフとして採用される為には、次のポイントを面接時に心がけましょう。

やる気や誠実さをアピールする

アルバイトスタッフの面接全般に言える事ですが、採用を決める際に店舗側が注目する要素が「やる気」「誠実さ」です。

アルバイトを始めたばかりの方が仕事を上手く出来ないのは当たり前。大事なのは先輩や同僚の指示を素直に聞いて、まじめに業務に取り組めるかどうかです。

「とにかく一生懸命頑張ります!」「少しでも早く仕事を覚えられる様に努力します!」といった仕事に対する姿勢をはっきりと面接の際に伝えることが、コンビニスタッフとして採用される為の第一条件と言えます。

挨拶や礼儀正しい行動をきちんと行う

コンビニバイトは接客業である以上、お客さんに対する挨拶や礼儀作法、そして言葉づかいは非常に重要なポイントです。

面接を受ける際には「宜しくお願いします」面接を終えて退店する際には「ありがとうございました」としっかり挨拶を行い自分の座った椅子を戻してからお店を出る。

特に学生の方にとってこうした礼儀作法を身に付けることは社会人としてのビジネスマナーを学ぶことにも繋がるので、アルバイト面接をきっかけとして正しい礼儀作法を身に付ける様にしましょう。

笑顔

笑顔も接客業では大事な要素です。持ち前の明るさや人と接することの楽しさを豊かな表情で面接の際に伝えることは、「この子はコンビニスタッフに向いていそうだな」との印象を面接担当者に抱いてもらうことにも繋がります。

まとめ:コンビニバイトで落ちる人必見!採用されるコツ

いかがでしたか?コンビニバイトに求められる要素は「やる気」「誠実さ」、そして「礼儀正しさ」です。

こうした点をしっかりと意識しておけば、例えアルバイト経験のない方であっても面接を突破することは十分可能となります。

コンビニ派遣について詳しく見てみる