お役立ちブログ

コンビニバイト

コンビニバイトでの年齢確認は必須なの?

  • #タバコ
  • #年齢確認
  • #義務化
  • #お酒
コンビニバイトでの年齢確認は必須なの?

コンビニやスーパーでは、お酒やタバコを購入する際に年齢確認をお願いする場合があります。それは20歳以下の飲酒や喫煙を避けるためです。

では、コンビニでは、具体的にどのようにして年齢確認を行っているのでしょうか。

また、コンビニは老若男女問わず、毎日多くの方が訪れる場所です。その方全てに年齢確認を行っているのでしょうか。

今回はそんなコンビニにおける年齢確認についてご紹介します。

お客様がレジに並び、混んでいる場合でも必須に行っているのか気になりますね。各コンビニではどのような対策をされているのかご覧ください。

年齢確認は義務化されている

日本の法律では20歳以下へのお酒・タバコの販売は禁止されています。20歳以下としたうえで販売した場合は、その販売店・飲食店も処罰を受けます。

そのためコンビニではご存知の通りお酒・タバコ類に関しては年齢確認を行っています。最近では口頭での細かな確認ではなく、タッチパネルに”20歳以上ですか?”等のボタンが表示され、それをタッチして年齢確認を行う方法が導入されています。

上記のような対策によってコンビニチェーンは、未成年者のお酒・タバコの購入を未然に防いでいるのですが、もちろん中には偽り通して購入しようとする方もいらっしゃいますので、いかにも未成年に見える方にはタッチパネルでの確認の他に免許証の提示などが求められます。

年齢確認を老若男女問わずに行うのはなぜ?

20代の方に年齢確認をするのは見た目では年齢が分かり兼ねるという理由で理解できますが、コンビニでは50代以上であると見た目から判断できたとしてもタッチパネルでの年齢確認を行っています。老若男女問わず年齢確認する理由はどうしてなのでしょうか?

それは年齢に敏感な方からのクレームを避けるためであるとされています。どういう事かと言いますと、年齢を重ねると人から「若く見られたい」という願望を持っている方がいらっしゃいます。

そこから、逆に年齢確認しない事が失礼になってしまうという人間的心理が働いているそうです。ですので、明らかに成人していると判断できる場合であってもタッチパネルでの年齢確認をしているのは、もちろん嫌がらせで年齢確認をしているわけではありませんし、「店員はマニュアルに従っているのだろう」と考えず、利用者側としても心地よい買い物となるように年齢確認にはスムーズに応じましょう。

こちらの記事もチェック!コンビニバイトで簡単に求人を見つける方法

まとめ: コンビニバイトでの年齢確認は必須なの?

年齢確認はコンビニでお酒やタバコを購入する際には必須の作業になります。店側のタッチパネルでの年齢確認は画期的であり、未成年者への販売減少に繋がる仕組み。
利用者側としても年齢確認に応じて、心地よい買い物をしましょう。

 

コンビニバイトを検討されている方は、

コンビニスタッフプロモーションをご活用くださいませ!

学生(高校生/専門学生/大学生)、フリーター、主婦(夫)、中高年、シニアなど幅広い年齢層の方が働いています。

未経験の方でも安心して頂けるように、研修トレーナーが丁寧に指導致します。

また、コンビニスタッフプロモーションの魅力は自分でシフトを自由に組める事です。

電話やフォームから、気軽に登録できます!

応募フォームへ