BLOG

コンビニバイト

就活のためにバイトを辞めるべき?コンビニバイトがオススメな理由

  • #バイト
  • #就活
  • #辞める
  • #時期
就活のためにバイトを辞めるべき?コンビニバイトがオススメな理由

大学生活が大詰めになると多くの大学生が就活に乗り出すことになります。バイトをしながら学生生活を送っていた場合は、就活に専念するために退職を考える人も多いでしょう。退職後は収入が無くなってしまいますし、慣れ親しんだ職場を離れるのはなんだか名残惜しいですよね。

しかし就活を行いながらでも働くことが可能なバイトは少なくありません。なかでもコンビニは就活との両立がしやすいバイトです。今回は就活しながらバイトを続けるのにコンビニがオススメな理由や注意点などをご紹介します。

 

就活を理由にバイトを辞めた方がいいの?

就活を理由にバイトを辞めた方がいいの?

就活は自分の今後の人生を大きく左右するイベントですから、時期を見てバイトを辞めて専念する人も少なくありません。

就活のためにバイトを辞める理由としては「時間調整が容易になる」というポイントが大きいようです。

就活は企業が設定した説明会や面接のスケジュールに合わせて動く必要があり、履歴書の記入やその他の必要書類を準備したりなど、やらなければならないことがたくさんあります。

そのような中でバイトのシフトと折り合いをつけながら就活のスケジュールをこなすことは大きな負担になってきます。

一旦バイトを辞めてしまえば就活の日程調整に専念出来るので、より多くの企業にエントリーしたり履歴書を見直す時間も確保することもできます。

 

一方で就活に合わせてバイトを辞めてしまうと収入が無くなってしまい、就活資金に困ってしまうという事態にもなりかねません。

リクルートスーツやネクタイ、交通費に飲食代や書類代など就活には様々な費用がかかります。

十分な貯金があるなら問題ありませんが、収入がないために就活が行えないという本末転倒な事態は避けなければなりません。

余裕をもって貯金をしておくか、バイトは辞めずに続けるという選択を考えておくことが大切です。

 

就活中でもコンビニバイトなら続けやすい理由

就活中でもコンビニバイトなら続けやすい理由

就活中でも働き続けられるポイントとして大切なのは「時間の融通が利くこと」「夜に働けること」「土日のシフトに入れること」などが挙げられます。

コンビニのバイトは比較的店舗規模が小さいため、シフトの人員配置を管理しやすい職場が多いです。急な面接や説明会の予定が入っても、代わりのスタッフを探しやすいという意味で時間の融通が利きやすいと言えるでしょう。

一部の例外はありますがコンビニは基本的に24時間営業の店舗となっているので、夕方から夜間・深夜スタッフなど夜の時間帯に働けるシフトがあります。説明会や面接は日中に行われるので、バッティングしない時間帯にバイトを入れることで時間調整が容易になるのです。

シフトの融通を利かせるという意味では土日に働けるという条件もポイントです。住宅地に面したコンビニは特に日中のシフトを主婦のスタッフに頼る傾向があり、子どもや旦那さんがお休みの土日はシフトが入れやすくなります。

平日は就活、土日はバイトという具合に生活リズムにメリハリを付けることで、体への負担軽減や気持ちの切り替えを上手く行うようにしましょう。

 

就活とコンビニバイトを両立させる際のコツ・注意点

就活とコンビニバイトを両立させる際のコツ・注意点

就活とバイトを両立させるには、いつも以上に体調管理に気を配ることが大切です。忙しくなると食事や睡眠が疎かになり、免疫力が下がってしまいがちになります。

体調を崩して説明会にもシフトにも出られない事態になってしまっては、本末転倒ですよね。

また、スケジュール管理を正確に行うために見やすいスケジュール帳を用意して予定を集約して書き込んでおくと良いでしょう。

スマホなどにメモしておくのも一つの手段ですが、画面が小さいうえ、どの日に何の予定が入っているか一目で分からないので手帳の購入がオススメです。

就活とバイトの両立は自分一人の力では難しいことも多いです。お店のシフトを管理する店長や先輩スタッフに相談して理解を得ておくことも大切です。

 

就活中でもバイトを続けるメリット

就活中でもバイトを続けるメリット

先述の就活資金のためだけではなく、就活中にバイトを続けることにはさまざまなメリットがあります。

就活中は企業面接や履歴書のことで頭がいっぱいになりやすく、張り詰めた状態が続いてしまいがちです。そんな中でもバイトで働くことで就活から一旦頭が離れ、気持ちを切り替えることができます。

就活漬けで疲れた心身には、適度に体を動かすことの出来るバイトは良い刺激になるでしょう。また、就活中もバイトを続けると「働く」ということへの意識が途切れず、バイトでの経験から面接試験でアピールできるポイントが見つかったりします。

 

就活中の資金確保でバイトが必要なら、コンビニバイトを検討してみよう

数ある仕事の中でもコンビニは24時間営業でシフトの選択肢も多く、店舗規模から考えても店長や他のスタッフに相談しやすい環境となっています。

何かとお金のかかる就活ですから、バイトは続けておきたいという人も多いでしょう。前もって貯金ができていればベストですが、学校生活と両立させながらまとまった貯金を作るのも大変ですよね。

また、コンビニバイトでは派遣などの短期でできるバイトを受け入れているところも多くあります。就活中の隙間時間を活用して就活資金を貯めたり、欲しいものを買うためのお金を稼ぐには最適な働き方です。

就活と並行して資金確保が必要な場合には、派遣や短期でできるコンビニバイトを検討してみてはいかがでしょうか。

 

参考:就活中でも隙間時間で働ける コンビニ短期バイトに特化した人材派遣