お役立ちブログ

バイト面接

【対策】バイトの面接に必要・不要な持ち物!指定なしの場合の対応

  • #面接
  • #バイト
バイト面接持ち物

「バイトの面接には何を持っていけばいい?」

バイト面接が初めてだと持ち物について不安になりますよね。準備不足のまま面接に行ってしまうと、イメージダウンになる可能性も。

面接に指定されなくても最低限持っていたほうが印象において良い持ち物があります。

この記事では、バイト面接に持っていったほうが良い持ち物について紹介します。

バイトの面接に必要な持ち物

バイトの面接にかならず持って行くべきもののリストです。

■履歴書

不要の場合でも、経歴やエントリーシート記入などに役立つこともあるので、持っていくのがおすすめです。

■筆記用具・メモ帳

言われたことなどをメモするため、かならず持っていきましょう。ボールペンに加えて、シャープペンシルや消しゴムもあると便利です。

■スケジュール帳

希望のシフトや、最初に出勤できる日にちなどを聞かれることがあります。答えられないと、やる気や自己管理が低い印象になってしまいます。スケジュール帳やスマートフォンのカレンダーアプリなどに、予定を記入しておきましょう。

■携帯電話・スマートフォン

電車遅延などで万が一遅刻しそうな場合、かならず連絡できるようにしておきます。面接場所のアクセス確認にも便利です。充電はしっかりして行き、予備の充電器もあると安心です。

■バイト先の情報のメモ

住所・電話番号・担当者名などをうっかりメモしないまま来てしまうと、最悪の場合たどり着くことができません。スマートフォンは万が一電池切れになると見られないため、念のため紙にもメモしておきましょう。

■指定された持ち物

当日持ってくるように言われたものは、忘れずに持って行きましょう。

必須ではないけどあると便利な持ち物

用意しておくと手続きなどがスムーズになる物や、自分の状態を最善にして面接にのぞむための物は、持って行くのがおすすめです。

  • 印鑑
  • 身分証明書
  • ハンカチ・ティッシュ
  • 折りたたみ傘
  • 手鏡、化粧品
  • 胃薬などの常備薬
  • 飲料水
  • 聞きたいことのメモ

採用時など捺印や身分証確認をする場合があるので、後で持って行く手間が省けます。身だしなみは面接の印象を左右するので、髪や服の乱れを直せるアイテムもあると便利です。

緊張などによる突然の体調不良にも対応できるよう、常備薬もあると安心です。小さめのペットボトルのミネラルウォーターがあると、喉を潤すことができ、受け答えも円滑になります。

「履歴書は不要」と言われた場合は?

不要と言われた場合でも、念のため記入済みの履歴書を持って行くと、役立つことがあります。

経歴を専用のエントリーシートに記入する場合もあります。いつどの学校に入学・卒業したか、持っている資格など、すぐにわからない項目もあるかもしれません。履歴書を見ながら書けばスムーズです。

また、不要と言われていても、見てもらえる場合もあります。すると、評価につながる可能性もあります。

バイトの面接に不要(NG)な持ち物

■プライベートな持ち物

面接の前後に、遊びや部活の予定が入っていることもあるかもしれません。しかし、趣味やスポーツの大きな荷物を面接の場には持ち込まないようにしましょう。邪魔になったり、やる気や真剣さを疑われたりする可能性があります。

持って行く場合は、駅などのコインロッカーに預けるのがおすすめです。

■スマートフォンの大きなケースや派手なストラップ

邪魔になったり、遊びの印象があったりするので、外して行くのが無難です。

■派手なアクセサリー

やはり遊びに来た印象がついてしまうので、ビジネスの場でもつけられるような小ぶりのもの以外は、やめておきましょう。

指定なしの場合は手ぶらでOK?

手ぶらで面接に行くのはNGです。何の準備もしていないと思われ、イメージダウンにつながる可能性があります。

財布やスマートフォン・メモ帳などがすべてポケットに入る場合でも、かならずカバンに入れて持って行きましょう。

履歴書はクリアファイルなどへ折れないように入れ、カバンに入れます。そのまま持って行くのはNGです。書類や資料を渡される場合もあり、持ち帰るためにもカバンは必須です。

持ち物の指示がない・または不安な場合は、必要なものがあるかメールや電話で問い合わせてみてください。

バイトの面接に最適なカバンは?

面接に持って行くカバンを選ぶポイントは、次のとおりです。

  • 履歴書や書類が折らずに入るサイズ
  • 床に置いたとき、自立する(立てて置ける)
  • 大きな傷みがなく清潔
  • 黒・茶色・グレーなど落ち着いた色がおすすめ

面接のために新しく買う必要はなく、普段使っているカバンで使えそうならそれで十分です。リュックの場合、会場に入ったら背負ったままではなく、手で持ちましょう。

ない場合は、ビジネスバッグや、学校指定のスクールカバンでも大丈夫です。親やきょうだいなど、持っている人に借りる方法もあります。

まとめ

バイトの面接に役立つ持ち物について解説しました。

初めて行く場所では何があるかわからないので、色々な状況を想定して、万全な状態で面接を受けられるようにするのがおすすめです。

また、面接時の印象を良くし、採用される可能性を上げるためには、時間を守る・服装や身だしなみを整えるなどの基本的なことも重要です。準備をしっかりして行けば自信がつき、落ち着いて面接に臨めますよ。