お役立ちブログ

コンビニバイト

コンビニバイトのシフトの組み方は?自由に変更できるの?

  • #コンビニバイト
  • #シフト
  • #組み方
  • #変更
コンビニバイトで働くなら知っておきたい!シフトの組み方や変更について

今や、私たちの暮らしに欠かせない存在となったコンビニ。じつは、このコンビニでのバイトが、シフトの融通がききやすい非常に便利な仕事であることをご存知ですか?

学生やダブルワーカーなど、予定がぎっしりある人には特におすすめの仕事です。

コンビニバイトで働くうえで、「コンビニバイトは週にどれくらいシフトを入れればいいの?」「予定に合わせてシフト変更は可能なの?」ということは気になるところですよね。

そこで今回は、コンビニバイトでこれから働くなら知っておきたい、シフトの組み方や変更方法についてご紹介していきます。

 

コンビニバイトはシフトに融通がききやすい

コンビニバイトはシフトの組み方に融通がききやすい

コンビニバイトはシフトの組み方に融通がききやすいため、「自分のやりたいことを続けつつ両立できる仕事がしたい」といった方には最適なアルバイトです。また、大学生や高校生などの学生でも働きやすい環境でもあります。

5~9時までの早朝シフト、6~12時までの「午前シフト」、9~17時までの「日中シフト」、17~22時までの「夜シフト」、自分の生活スタイルに合わせて働く時間帯を選べます。

また、22時~翌朝5時までの「深夜シフト」は、通常賃金の25%の割増賃金を支給するよう法律で定められています。仮に、昼間の時給が1,000円であるなら、22時~翌朝5時までの時給は1,250円となるのです。短時間で効率よく稼げるのは「深夜シフト」の大きな魅力です。

 

勤務日数は店舗によって異なりますが、たいていは週1日から週5~6日まで幅広いシフト設定が可能です。面接時に希望の日数を伝えれば、無理に出勤を求められることもないでしょう。ただし、人員不足の店舗の場合、最低週3日以上などの条件が設けられていることもあるので、応募時によく確認しておくことが大切です。

 

バイトが始まると、最初に希望した出勤日数や時間をもとに、基本の固定シフトが組まれます。 もし、固定シフトを変更したい場合は、店舗によって違いがありますが、1ヶ月に1度シフト調整を行う店舗もあれば、2週間に1度の店舗もあります。その時に、シフト変更についてお願いすることも可能です。

急な予定が入りやすいなら、面接時にシフト調整の頻度を聞いて、柔軟に対応してもらえる店を選ぶといいでしょう。場合によっては、ほかのスタッフと交渉してシフトを交代してもらうなどの対応が必要になることもあります。

時には周りのスタッフの予定に合わせて譲歩もして、重宝される人材になるよう努力することは大切です。 いつもまじめに働くなら、オーナーからも信頼され、ますますシフトの融通はききやすくなります。

 

シフト変更が難しい期間もある

シフト変更が難しい期間もある

上述の通り、シフトの融通がききやすいのがコンビニバイトのメリットですが、注意が必要な点もあります。それは、年末年始やお盆などの時期も、通常通り営業が行われるという点です。多くのコンビニが24時間・年中無休ですから、世間がお休みでも関係ありません。

「年末年始くらい休みたい。。」と思う人もいるかもしれませんが、人手不足となる時期は時給を上げている店舗も多いので、短期で稼ぎたい方にとっては最適です。

また、クリスマスや花火大会があるときなどもシフト調整が難しくなります。友人や家族との用事があったり、彼氏・彼女とデートに行くという方は、できればバイトのシフトを入れたくないということもあるかと思います。

そのような時には事前にバイト仲間にシフトを代わってもらいたい旨を伝えておくということも大切ですが、そんな時のためにも常日頃から仲間との良好な関係を築いておくことも大切です。

 

面接時や履歴書の注意点

面接や履歴書の注意点

面接のときによく質問されるのは、「週に何回働けるか?」という点です。「たくさん働いた方が採用されやすいかな」と思ってしまいそうですが、あらかじめ自分の希望はきちんと伝えておくことが大切です。

履歴書にも平日なら何時から何時まで働けるか、土日や休日も働けるか、学校などの理由で急にシフトを変更することがあるなどの情報を書いておくことも必要です。

ただ、あまりにも出れる日数や時間が少ないと、よほど人手不足でない限りは採用される可能性が低くなってしまいます。他にも面接を受けている人がいて、その人があなたよりも長い時間、多い日数働けるとしたら・・・ 採用されるのはどちらか一目瞭然だと思います。

採用する店舗側もシフトを組む際に融通がきかない人材は雇いにくいというのが正直なところです。採用担当者が求めている日数や時間を最低限考慮したうえで、あなたが働ける時間や日数を伝えるようにしましょう。

 

まとめ:コンビニバイトは柔軟に働きたい人に最適

コンビニバイトの最大のメリットは、シフトの組み方が自由なところ。そして、変更にも柔軟に対応できるところです。また、小さな空間の中で、コミュニケーションスキルから接客スキルまで学ぶことができるのも魅力です。

高校生や大学生、主婦の方や夢を追っているフリーターの方など、自分の予定に合わせたシフトで働ける仕事をお探しの方は、一度コンビニバイトをご検討してみてはいかがでしょうか?

 

こちらもチェック!

参考:「好きな時」に「好きな場所」で働けるコンビニエンスストアに特化した人材派遣