お役立ちブログ

日払いバイト

日払い急募の仕事に応募するべき?受かりやすいって本当?

  • #バイト
  • #日払い
  • #急募
  • #受かりやすい
日払い急募の仕事に応募するべき?受かりやすいって本当?

日払いのバイトを探していると、急募!の文字をよく見かけますよね。

急募の求人はなんとなく受かりやすそうなイメージがありますが、その考えは合っているのでしょうか?

今回は、急募の日払いバイトの実態を調査した結果をご紹介いたします。

急募の日払い求人が受かりやすいと言われる理由

日払いの急募案件が受かりやすいイメージを持たれるのは、2つの理由が考えられます。

1.人手が足りないから
2.期限が迫っているから
のどちらかが連想されませんか?

どちらの理由にしても、とにかく焦っている感じがあります。

実際の状況は置いておいて、急募案件が受かりやすいと言われるのは「急募 日払い」のフレーズから人手を増やしたい切迫感を感じるからではないでしょうか。

急募案件は業務が厳しいって本当?

実際、日払いの急募案件は人手が足りないのでしょうか?

同じ会社で急募案件があまりに多いと、「もしかしてブラックなんじゃ…」「業務内容がとにかく厳しいのでは?」という印象を持ちそうになります。

もちろん業務内容がハードで人数を確保したい場合もあるでしょうが、実際はそうとも言い切れません。

なぜかと言うとイベントが重なる時期や、新規事業スタートによる人員確保のケースも十分考えられるからです。

他にも、複数の求人広告を打っているなどの理由もありますが・・・。

実際に急募の単発バイトを調べてみましたが、
・イベントスタッフ
・サンプリング
・軽作業
などの定番案件の他に、通学路の警備や仮歌用に歌声を入れるバイトなどもありました。

やはり必ずしも「急募=ブラックというわけではないようです

焦らず確認はしっかりしよう

日払い可能な急募案件だからといって、焦って応募するのはおすすめしません。

よく見ると条件がそれほどよくなかったり、自分に合わない業務内容だったりすることもあるからです。

急募の日払いバイトで惹かれるな〜と思っても、その場で応募せずにしっかりと概要を確認しましょう。

派遣会社のこれまでの評判も一緒に調べてもいいかもしれません。

一般的に募集人数が多い急募の案件などは、受かりやすい傾向にあるようです。

こちらの記事もチェック!
単発で働く場合にバイトと派遣のどちらがいいの?
短期単発バイトでサクッと稼ごう!短期単発バイトの魅力とは?

まとめ:日払い急募の仕事に応募するべき?受かりやすいって本当?

いかがでしたか?この記事では、「日払いの急募は内容にもよるが受かりやすい案件もある」ということをお伝えしました。

とはいえ本文でも触れたように、受かりやすそうだからといって、確認しないまま登録するのは避けた方がいいでしょう。

 

コンビニバイトのコンビニスタッフプロモーションは、「すぐ働きたい」「もっと稼ぎたい」が叶えられる、派遣という働き方。

自分の生活スタイルやスケジュールに合わせて働くことができるので、限られた時間を有効に使いたい方にはピッタリです。

土日だけ、平日だけ、週1回、月1回、長期休み期間だけ、あなたの都合に合わせてお仕事をご案内します。

電話やフォームから、気軽に登録できます!→応募フォームへ

 

今ならお友達を紹介頂くと、紹介したアナタとお友達に5,000円ずつプレゼント!!

お友達紹介キャンペーンを詳しく見る