お役立ちブログ

短期バイト

扶養に入っている方が日払いで働く場合に気を付けるべき事とは?

  • #税金
  • #日払い
  • #注意
  • #扶養
扶養に入っている方が日払いで働く場合に気を付けるべき事とは?

学生さんや、配偶者の扶養に入っている方が日払いで働く時には、気をつけるべき点がいくつかあります。

そこで、本文の中で「扶養内で日払いバイトをする際の注意点」を3つに分けてご説明いたしますね。

年間のトータルが103万円を超えないよう

世帯主の扶養に入っている場合、年間の収入は103万円以内に抑えましょう。

103万円以上だと所得税の課税対象になる上、扶養から外れてしまうからです。

103万円以上で税金や年金、保険料を払うよりギリギリに調節して扶養内にいた方が手間と支払いが省けますよね。

日払いバイトはまとめて計算しにくい面がありますが、あとで面倒にならないよう対策をしながら働きましょう。

どんな支払い方法でも税金はかかる

日払いバイトではお給料の支払い方法が、振り込み手渡しの2種類あります。

なんとなくのイメージで現金手渡しは税金がかからないような感じもしますが、どちらも課税対象になり得ます。

派遣会社での手渡しでも、所得税分を差し引いた金額を渡されることが多いです。明細などをチェックしてみると記載されているはず。

その場合、年間の収入が103万円以下だと年末調整でお金が戻ってくるので、申請を行いましょう。

扶養内に収まる金額には「勤労学生控除」のような例外もあります。

これは働く学生を対象に年間収入130万円以下であれば、所得税の対象外となる制度です。

最初に計画をきちんと立てよう

扶養内で日払いバイトを始める前に、最初に計画を立てるとよいです。

バイト先や派遣会社の担当スタッフに「扶養内で働きたい」とあらかじめ伝えておくと、金額や提案する件数のペースを考えてくれますよ。

コンスタントに日払いバイトをする予定なら、毎月どのくらいまで稼いでもいいか、年初に平均の金額を算出しておきましょう。

年間103万円以内に抑えるなら1ヶ月あたり85,000円を超えないように気をつけてバイトをしましょう。

長期休暇などで集中的に働く場合も、だいたいどの時期にどのくらい働くのかを試算しておいて下さいね。

こちらの記事もチェック!
単発で働く場合にバイトと派遣のどちらがいいの?
日払いで尚且つ短時間がいい!そんな人が選ぶべき仕事とは?

まとめ:扶養に入っている方が日払いで働く場合に気を付けるべき事とは?

いかがでしょうか?扶養内で日払いバイトをしている方はたくさんいますが、制度の詳細まで調べていなかったというケースもあります。

扶養から外れないように、報酬の金額や日払いバイトに入るペースには気をつけましょう。

 

コンビニバイトのコンビニスタッフプロモーションは、「すぐ働きたい」「もっと稼ぎたい」が叶えられる、派遣という働き方。

自分の生活スタイルやスケジュールに合わせて働くことができるので、限られた時間を有効に使いたい方にはピッタリです。

土日だけ、平日だけ、週1回、月1回、長期休み期間だけ、あなたの都合に合わせてお仕事をご案内します。

電話やフォームから、気軽に登録できます!→応募フォームへ

 

今ならお友達を紹介頂くと、紹介したアナタとお友達に5,000円ずつプレゼント!!

お友達紹介キャンペーンを詳しく見る