お役立ちブログ

コンビニバイト

夜勤中に空腹にならない為の工夫について

  • #夜勤
  • #空腹
  • #太る
  • #カロリー
  • #エネルギー
夜勤中に空腹にならない為の工夫について

コンビニを問わず、夜勤をしていると空腹に見舞われることはありませんか?

空腹が続くと集中力低下にもつながり、そこに眠たさも相まって仕事上でミスを頻発しやすくなります。

ミスをしないためにも夜勤時の空腹をどう乗り切るかというのは非常に重要な問題なのです。

そこで本記事では夜勤中の空腹を避けるための方法について解説していきます。

エネルギーに変わりやすい軽いものを口にしよう

さて、本題に入っていきましょう。

夜勤中の休憩時には、すぐエネルギーに変わりやすいものを口にするのをおすすめします。

その一例としてはおにぎりなどの炭水化物が挙げられます。

他にはチョコレートのような甘い食べ物もエネルギーに変わるのが早いので、こちらもおすすめです。

どうしてこれらの食べ物が夜勤におすすめかというと、いずれも糖質が含まれているからです。

人間の体では糖質を分解すること等によってエネルギーを得ており、エネルギーを生成する方法の中で糖質を分解する方法が最も即効性があると医学的に言われています。

夜勤の休憩中にこれらをつまむだけでもそれ以降のパフォーマンスは大きく変わってくるでしょう。

カロリーが高いものは避けるのが吉

反対にお菓子などの脂っこいものやカップラーメンなど、カロリーの高いものを摂取するのは避けた方が良いでしょう。

22時以降はカロリーが高いものを食べると、太りやすくなるという話をみなさんは聞いたことがありますか。

夜にカロリーの高いものを食べると脂肪として蓄えられてしまいます。

他にもカロリーの高いものは脂っこいものが多いですから、それが原因となって胃もたれを引き起こしかねません。

深夜にそれらを食べてしまうと太りやすくなりますし、胃もたれが引き起こされてしまい、かえって夜勤時のパフォーマンスが低下することにもつながります。

空腹時に軽食としておにぎりを口にすることは空腹を緩和させるためにも大切ですが、あまりにカロリーの高いものを食べたり、あるいはドカ食いしたりするのは避けるのが吉でしょう。

こちらの記事もチェック!
コンビニバイトは意外と痩せる!?太り気味な方におすすめ!
コンビニバイトでカロリーは消費できる?ダイエット中の方もオススメ

まとめ:夜勤中に空腹にならない為の工夫について

今回の記事では、夜勤中の空腹を避けるための工夫について解説しました。

おにぎりのようなエネルギーに変わりやすい軽い食べ物、また、甘いものを口にすると良いでしょう。

一方でカロリーが高いものを食べてしまうと太りやすくなったり、胃もたれの原因になったりするのでこれらは避けることをおすすめします。

本記事を参考にして、夜勤を無事に乗り切りましょう。

 

高時給でがっつり稼げる夜勤のコンビニバイトをお探しのアナタ!

コンビニスタッフプロモーションをご活用くださいませ!

電話やフォームから、気軽に登録できます!

応募フォームへ