お役立ちブログ

コンビニバイト

夜勤バイトで生活リズムを崩さない方法とは?

  • #夜勤
  • #生活リズム
  • #崩れる
  • #不眠症

夜勤バイトをしていると生活リズムを崩しがちになりませんか。

夜勤から帰ってくるとき、もう朝ですから朝に寝て夜に起きるという生活リズムになってしまいがちです。

そうすると、生活リズムの乱れによって体の不調、例えば不眠症などが出てくる可能性もあります。

そこで今回の記事では夜勤バイトをしていながらも、生活リズムを崩さないための方法について解説していきます。

日勤のバイトをしているが、夜勤バイトをこれから始めようと考えられている方は是非参考にしてみてください。

日勤と夜勤を連続で入るのは辞めよう

まず生活リズムを崩さないための方法として、「日勤と夜勤を連続で入れない」が挙げられます。

学生に多いのかもしれませんが、稼ぐために日勤と夜勤を連続で入る方がいらっしゃると思います。

しかし、それを控えることをここではおすすめします。

夜勤に入れば、体を休めるべき夜に体を動かしているわけですから、その分違う時間帯に体を休める必要があります。

夜勤であればそれが必然的に日中となるので、もしも夜勤明けにすぐ日勤に入ってしまうと体は休まりません。

ですので、日勤と夜勤のシフトを続けざまに入ることは避けた方がよく、夜勤に入ったときにはその後しっかりと休養を取ることが大切です。

日勤メインの場合は夜勤を適度に行う

続いてご紹介する生活リズムを崩さない方法は、日勤をメインにお仕事を現在されている場合「いきなり夜勤に入りすぎない」ことです。

先ほども説明した通り、人間の体は夜には休めるようにできています。

夜勤とはそれと逆行したものだと解することができます。

日勤をメインにしているのに、あまりに夜勤に入りすぎてしまうと体がそれに慣れてしまい、昼夜逆転につながりかねません。

昼夜逆転してしまえば、夜になるとかえって脳が活発になってしまって眠れなくなってしまい日勤にも影響がでてしまいます。

こうなることを回避するためにも日勤メインの方は、決まった日程の夜勤で働く事で生活リズムの乱れを防ぐことができます。

※長く夜勤で働く場合は、夜に慣れさせる為にも夜だけ働くというのも有りです。

こちらの記事もチェック↓
夜に強い人には夜勤はメリットしかない?
夜勤がどうしても慣れない人はどうすればいい?

まとめ:夜勤バイトで生活リズムを崩さない方法とは?

今回の記事では夜勤バイトで生活リズムを崩さないようにするための方法について解説しました。

夜勤は本来体を休めるべき時間に労働することになるので、夜勤後は、日勤に続けざまに入るのではなく、しっかりと体を休めることが重要になってきます。

日勤だけではなく、夜勤でも長期的に働きたい方は今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

 

コンビニスタッフプロモーションでは、固定のバイトではシフトが組みにくい方でも、自分でシフトを自由に組める働き方をご提供しています。

高時給な夜勤でがっつり稼ぎたい方や、自分の都合に合わせた働き方をしたいといった方はこちらから。→応募フォームへ

電話やフォームから、気軽に登録できます!