お役立ちブログ

コンビニバイト

夜勤がどうしても慣れない人はどうすればいい?

  • #夜勤
  • #体内時計
  • #仮眠
  • #日光
  • #生活リズム
夜勤がどうしても慣れない人はどうすればいい?

夜勤をしている方のお悩みとして「夜勤にどうしても慣れない」ことが挙げられます。

夜勤は普段の生活リズムと逆行した行為になるので、そのような悩みが出てくることは不思議ではありません。

しかし、夜勤に慣れないと、体への負担が大きくなっていきますよね?

そこで本記事では、「夜勤に慣れるための方法」についてご紹介します。

体内時計を狂わせないようにしよう

日勤と夜勤を両方行う場合、体内時計を狂わせないように意識しながら働きましょう。

夜勤に慣れないというのは実は当たり前の話です。人間には体内時計というものがあり、それに従って日々活動しています。

ですから夜になったら眠くなりますし、朝になったら目覚めるのです。

夜勤をするということは、本来寝ているはずの時間に労働をしているわけですので、体が悲鳴をあげてしまう事もあります。

夜勤を始める場合に、日勤と夜勤を組み合わせて行うことで、日勤時は朝に起床しなければなりませんからそのような体内時計の狂いを防ぐことができるということです。

常に規則正しい生活を

続いては先述した体内時計に関連しますが、常に規則正しい生活を送るようにしましょう。

まず朝にすべきこととしては日の光を浴びることが挙げられます。人間の体は日の光を浴びることで体内時計がリセットされ、朝が来たことを体は認識するのです。

また、夜はいつも同じ時間に寝ることを心掛けましょう。これも自分の体内時計を狂わせないために重要な方法で、一定の時間に就寝することで体の不調を感じづらくなります。

夜勤のみで働いている場合は、夜勤明けは逆にサングラスをかけ、帰宅後はカーテンをしっかり閉め、真っ暗で寝るようにしましょう。

実際には昼間であってもカーテンを閉めて体内時計の為に夜をつくってあげることです。

休憩中に仮眠を取ろう

最後にご紹介するのは仮眠です。夜勤中に仮眠を取ると、眠気に由来するパフォーマンス低下が回避できるだけでなく、体内時計の狂いも抑制できる効果があります。

ですから眠気で辛いときは休憩中に仮眠を取ることをおすすめします。

こちらの記事もチェック!
夜勤中に空腹にならない為の工夫について
夜勤でコンビニバイトをするメリットとは?

まとめ: 夜勤がどうしても慣れない人はどうすればいい?

今回の記事では夜勤に慣れるための方法をいくつかご紹介しました。そのために重要なのは日々の生活リズムを一定にし、体内時計を狂わせないことです。

夜勤を交えながら普段通りの生活リズムで生活することは最初のうちは大変かと思いますが、これが実は夜勤に慣れるための近道でもあるのです。

夜勤があったとしても日々の生活リズムを崩さないように生活することを心掛けましょう。

 

業界シェアNo1のコンビニスタッフプロモーションは勤務地多数! シフトの種類も豊富に用意しています。

高時給でがっつり稼げる夜勤のコンビニバイトをお探しのアナタ!

コンビニスタッフプロモーションをご活用くださいませ!

電話やフォームから、気軽に登録できます!

応募フォームへ