お役立ちブログ

コンビニバイト

シフト自由のアルバイトはどんなのがある?

  • #シフト自由
  • #働く時間
  • #生活スタイル
  • #自分の時間
シフト自由のアルバイトはどんなのがある?

バイトをするのであれば、シフトが自由であることを重視する方も多いのではないでしょうか?

シフトが自由なバイトは、自分の生活スタイルに合わせて無理なく働ける点が人気です。

では、そんなシフト自由なアルバイトにはどのような仕事があるのでしょうか?

このページでは、「シフト自由のアルバイト」についてご紹介します。

シフト制の仕組み

シフト制のアルバイトは、アルバイトの時間に縛られず自分の生活スタイルに合った働き方をしたい方に人気です。

そんなシフト制ですが、細かく分けると「シフト制」と「シフト自由制」の2つがあります。それぞれを見てみましょう。

 

「シフト制」…雇用者によって勤務時間が固定されていたり、働く側が勤務日や勤務時間の希望を提出し、雇用者側の責任者がシフトを作成したりするもの。

 

「シフト自由制」働く日時が固定されておらず、自分の希望に合わせて自由に選ぶことができるもの。バイト同士がシフト表を埋めていく場合もあります。

 

どちらにしても、シフトが厳しく決められているわけではないので、仕事以外にも重視したいものがある方には最適な働き方と言えます。

学業との両立が必要な学生はもちろん、家事との両立、Wワークなどを目的とする人もシフト制のアルバイトを希望しています。

シフト自由のアルバイト、どのような職種がある?

どのような職種・仕事内容であればシフト自由なのかというと、最も代表的なもので飲食店やサービス業です。

具体的には、アルバイトの定番であるコンビニやカフェ店員、スーパーやアパレルなどの小売業も含まれます。

さらに、24時間365日体制で稼働することの多い、工場でのバイトもシフト自由であることが多いです。

その他、高時給バイトとして知られるコールセンターでの業務も、シフト自由の場合が大半です。

いずれの職業でも、アルバイトであれば正社員と比べて比較的自由に働く時間を選べるケースが多いですね。

こちらの記事もチェック!
コンビニバイトを続けるフリーターの将来はどうなる?
ダブルワークの夜勤バイトはコンビニバイトがおすすめ

まとめ:シフト自由のアルバイトはどんなのがある?

アルバイトを選ぶ際、何を重視するかは人それぞれですが、できるだけ自分の生活スタイルを尊重したり、自分の時間を確保したいと思う人も多いでしょう。

シフト自由のアルバイトであれば、時間の面で仕事を負担と感じることが少ないので、アルバイトをしながら自分らしく生活できる点は魅力と言えます。

シフト自由のアルバイトであっても、シフトのルールはもちろん雰囲気はそれぞれ異なります。

シフトが自由であることを生かしてプライベートを充実させるためにも、自分に合ったアルバイトを選びましょう。

 

コンビニバイトのweb応募なら、「好きな時」に「好きな場所」で働けるコンビニスタッフプロモーションをおすすめします!

土日だけ、平日だけ、週1回、月1回、長期休み期間だけ、あなたの都合に合わせてお仕事をご案内します。

電話やフォームから、気軽に登録できます!

応募フォームへ