お役立ちブログ

コンビニバイト

シフト自己申告制のバイトで気をつけなければいけない事は?

  • #シフト
  • #自己申告制
  • #自由
  • #希望通り
シフト自己申告制のバイトで気をつけなければいけない事は?

シフト自己申告制は、自由度が高い雇用形態です。

しかし、自由度が高いからこそ、シフト自己申告制に対していろいろと注意しなければならない問題もあります。

このページでは、「シフト自己申告制のバイトで気を付けるべき点」について解説していきます。

申告したシフト全部のリクエストが通る訳ではない

自分の希望するスケジュールでシフトが組めるのが1番ですが、複数の人と調整しなければいけないので、自己申告制のシフトと言っても希望がすべて通るわけではありません

仕事をもっとしたいのに、「これだけしかシフトに入ることができなかった・・・」ということもよくある事ですよね。

シフトをたくさん入れてしまった時の注意点

勤務したい日の希望があまり通らないからという理由で、多目にシフトを出すこともありますがこれには注意が必要です。

なぜなら、「希望が削られるのを前提に多目にシフト希望を提出したら全部入ってしまった!」なんてことが起こりかねないからです。

想定していたシフト以上に働くことになってしまったら、自分の予定も入れにくいし困ってしまいますよね。

このような事態は店舗のスタッフ数によってどのコンビニでも起こることであり、「シフト自己申告制は思ったより自由ではない」という感想を持つ人もいるのはこの理由からです。

自己申告制のシフトは基本的に自由度が高いのが魅力ですが、他の人やお店の都合との兼ね合いも必要なので完全に思い通りに行くわけではありません。

もしも思ったよりもシフトが入っていた場合、シフトが出た時点で他の人に変わってもらえるか相談しましょう。

どうしても休みたい日があれば、早めに店長に相談してください。

また、シフトが入りすぎないようにするためには、そのときのお店の状況を知っておくのが重要です。

人が足りない、自分が働く時間帯は忙しいなどの場合は、バランスが取れるようにシフト希望を入れすぎないようにするといいでしょう。

こちらの記事もチェック!
シフト自由の短期バイトを探すなら派遣で決まり
派遣で夜勤をお探しならコンビニ派遣がおすすめ

まとめ: シフト自己申告制のバイトで気をつけなければいけない事は?

シフト自己申告制のバイトで気をつけなければいけない事は、「シフト自己申告制は100%自由ではない」という点です。

また、他の従業員とのシフトの兼ね合いから、希望した日数通りシフトに入ることができないこともあります。

しかし、シフトを多く入れてしまえば、逆に想像以上に仕事をしなければいけないことも。

バランス良くシフトを組むのは大変ですが、自分のスケジュールとお店の状況を考慮するとよいでしょう。

店長やシフト作成者に、「自分は今週このくらいで働きたいので、多くなりそうだったら削ってください」と、伝えてもいいかもしれません。

 

コンビニバイトのweb応募なら、「好きな時」に「好きな場所」で働けるコンビニスタッフプロモーションをおすすめします!

土日だけ、平日だけ、週1回、月1回、長期休み期間だけ、あなたの都合に合わせてお仕事をご案内します。

電話やフォームから、気軽に登録できます!

応募フォームへ