お役立ちブログ

コンビニバイト

コンビニバイトはつまらないって本当?実際はどうなのか?

  • #やりがい
  • #つまらない
  • #意外な仕事
  • #実際の業務
コンビニバイトはつまらないって本当?実際はどうなのか?

24時間営業で、全国各地にあることからどこの店舗でもアルバイトを採用しているコンビニエンスストア。

アルバイトの採用条件の縛りはきつくなく、学生からお年寄り、外国人まで様々に活躍することができます。

実際に周りの方でもアルバイト経験がある方も多いことでしょう。

多くの人が経験した事のあるコンビニバイトは一体どのような仕事を行っているのでしょうか。

店員さんのレジ打ちの光景は目にしますが、レジ打ちの仕事しかなければコンビニバイトはつまらない仕事と思えてしまうかもしれません。

今回は、コンビニバイトはつまらないのではないかと思っている方に向けて、実際のところコンビニではどのような仕事を行っているかご紹介します。

実はレジ打ち意外にもこんな仕事があった?

コンビニバイトの実際の業務をみていきましょう。

「コンビニバイトはレジ打ちだけでしょ?単調な仕事でしょ?」と思われている方はとくに参考になるかと思います。

レジ業務

お客様の商品をレジで会計する仕事です。

店員が最優先で取り組む仕事であり、お客様を待たせないような心がけが必要です。

今では様々な受付業務が増えているので、商品の売買だけでなく、宅配業務や公共料金の支払い、各種コンサートのチケット支払いなどの仕事があります。

惣菜調理

各種コンビニに置かれる惣菜を調理する仕事です。

アメリカンドックや肉まんなどコンビニにはファーストフードが常備されています。

それらを切らさないように、店員が店内で揚げたり焼いたりと調理します。

清掃活動

店内や店外を清掃する仕事です。清潔感を保つために定期的に清掃し、コンビニを綺麗に整えます。

コンビニには毎日多くの利用者が訪れるので、汚れるペースが早い特徴があります。

そのためコンビニでは時間割を組み、お客様が不快に感じないように清掃活動をしています。

品出し作業

店内の商品を補充する仕事です。

商品が品薄や売り切れにならないように、必要なものを考えながら補充していきます。

ほかにも賞味期限切れのものがないかの確認などをあわせて行なっていきます。

上記の仕事内容をみてみると、やらなければならないことも多く、やりがいを感じられるような量となっています。

コンビニバイトはつまらないのではないかと思っていた方は驚かれたことでしょう。

コンビニバイトはやりがいある忙しい時間帯がある

コンビニではお客様の来店に合わせたスケジュールを設定しているところがほとんどです。

店員は基本的にレジを最優先しなければなりません。

ここで注目したい時間帯が8:00〜9:00、12:00〜13:00、17:00〜19:00です。

この時間帯は、主に会社員の出勤時刻、お昼時刻、退勤時刻を表示した時間です。

この時間帯はとくに混み合うのでお客様がたくさん来店する、やりがいを強く感じることができる時間と言えるでしょう。

こちらの記事もチェック↓
コンビニバイトを長く続ける為に学んだこと

まとめ:コンビニバイトはつまらないって本当?実際はどうなのか?

一見レジ以外は何もしてないように思えますが、意外にも多くの仕事をこなさなくてはなりません。

接客だけでなく、管理や調理、清掃とやらないといけないことも多いため、やりがいのある仕事です。

お客様に合わせて考えながら行動することも求められるため、誰にでもできることではありません。

しかし、難しすぎて神経をすり減らしてしまう仕事でもないので、プライベートも充実させたい方にはおすすめのアルバイトです。

コンビニスタッフプロモーションでは、固定のバイトではシフトが組みにくい方でも、自分でシフトを自由に組める働き方をご提供しています。

やりたいことに専念したい、自分の都合に合わせた働き方をしたいといった方はこちらから。

→ 「好きな時」に「好きな場所」で働ける コンビニエンスストアに特化した人材派遣