お役立ちブログ

バイト服装

コンビニバイトでネイルはNG?OK?どちらなの?

  • #ネイル
  • #印象
  • #爪
  • #飲食
コンビニバイトでマニキュアはNG?OK?どちらなの?

コンビニバイトは基本的に服装の規定が細かく設定されていないことが多いです。その際、ネイルをしても良いのかどうかの対応は店舗によって分かれています。

女性にとってはおしゃれだけでなく爪の保護という意味でもネイルを使用しますので、悩ましい問題です。ネイルを許可する店舗もあれば、完全にNGとしている店舗も存在し、その対応は各店舗によって様々です。

そのような中でこの記事ではコンビニバイトでネイルを使用するのはOKなのか、NGなのかを解説していきます。

コンビニバイトでネイルを禁止する理由

コンビニバイトではネイルが禁止されている場合が実はほとんどです。派手な色だったり、華美な装飾が付いているネイルは原則として禁止されています。なぜならコンビニでは飲食物を販売・調理しているため、爪にネイルが塗られているとお客様から見て良い印象を抱かないからです。

例えば、レジでは手渡しで袋やお金をやりとりするという場面について考えてみましょう。
その際にお客様の目が行くのは店員の手や指です。もし爪に派手な装飾があった場合、お客様はどう感じるでしょうか。受け取るお客様によっては接客の態度が悪いなどと悪い印象を抱かれることも少なくないことが想像できますね。そのようなことを防ぐためにも、ネイルを禁止しているお店が多いのです。

ナチュラルなネイルであれば許される場合も

ネイルの中にも、派手でない透明なネイルが存在します。爪を保護するために透明なネイルを使用するのであれば、目立つことはありません。

そのような条件付きでネイルの使用が許されている店舗も存在します。その際にもあくまでもお客様は自分を見てどう思うのかということを意識することが重要です。

こちらの記事もチェック↓
コンビニバイトでカラコンはNG?OK?どちらなの?
コンビニバイトの化粧はどこまでがOK?最適な化粧について

まとめ: コンビニバイトでネイルはNG?OK?どちらなの?

コンビニバイトでネイルを塗るのは店舗によって対応が分かれますが、多くの店舗ではその使用を禁止しています。爪を保護するために透明なネイルを塗るのであれば、お店の服装規定によっては許されることもあるでしょう。

あくまでもお客様の立場から見て不快に感じないかどうかというのが1つの判断の基準となります。ですから、透明なネイルを使用したとしてもお客様が不快に感じるだろうと思うのであれば、それを使用しないことが無難な選択であるといえます。
コンビニバイトは接客業ですから、接客業の趣旨に則って行動してもらいたいと思います。
年頃の年齢である場合は派手にお洒落をしたいという場合もありますが、仕事は仕事、プライベートはプライベートとわけていただきたいものです。

「コンビニ派遣」であなたに合った働き方、探してみませんか?