お役立ちブログ

コンビニバイト

コンビニバイトの失敗しないレジ打ちのコツと注意点について

  • #コツ
  • #レジ打ち
  • #ミスしない
  • #スピード
コンビニバイトの失敗しないレジ打ちのコツと注意点について

コンビニの業務は色々ありますが、メイン業務といえばレジ打ちですよね。

最近では自動的におつりが出てくるレジも増えてきましたが、それでも「先輩のレジ対応と私のレジ対応ではスピードが違う」と思っている方もいるでしょう。

そこでこのページでは、コンビニバイトの失敗しないレジ打ちのコツと注意点をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

コンビニのレジ対応の失敗しない流れ

コンビニのレジ対応で失敗しない流れを考えると、以下のようになります。

1. お客さんがレジに移動している間に、購入商品が入る袋を出す
2. 重い商品からレジを打つ
3. 商品を袋に入れながら代金をお伝えする
4. 代金を受け取る
5. おつりを渡した後にレシートを渡す

この流れができれば、レジ対応で失敗することはないでしょう。

この流れで重要なポイントは、「お客さんがレジに来る前に、購入する商品の量とピッタリ合う袋を準備しておくこと」です。

最初はどの袋がピッタリ合うかわからないと思いますが、慣れてくればすぐにわかるようになります。

次に気をつけるのは、バーコードの位置です。バーコードの位置を探している時間はかなりのタイムロスになってしまいます。

ですので、早い段階でスピードアップされたい方は、各商品のバーコードの位置を意識しながらレジ打ち作業を行うと良いでしょう。

この他のポイントとして、お客様にお箸が必要か、温めが必要か、などの質問は袋詰めをしながら確認しましょう。

これらもまた、スピードアップの秘訣になります。

レジ打ちでミスをしないためのコツは?

最近ではおつりが自動的に出てくるレジも増え、おつりの間違いは格段に減りました。

では、ミスをするのはどういうところか?というと、「どの支払い方法でお金を払うか」です。

ウェブマネーやポイントカードなどのポイント支払いも一般的になってきたため、クレジットカードや現金以外の支払方法が何種類もあります。

例えばTポイントの場合、1つのカードにTポイントとTマネーがセットになっているものもあれば、Tポイントが付帯するクレジットカードなどもあります。

お客さんはTマネーで払うつもりが、間違ってTポイントで決済してしまった。これはもう取り返しがつきません。

現金の場合はすぐにお金を返せば済むことですが、ウェブマネーの場合は手続きがとても大変です。

最後の確認を押す時に、不安であればもう一度確認してから確定させる癖をつけるといいでしょう。

こちらの記事もチェック!
コンビニ派遣ってどれくらい稼げるの?時給が高い理由をまとめてみた
短期バイトのサイトで求人を探すならコンビニスタッフプロモーション!

まとめ:コンビニバイトの失敗しないレジ打ちのコツと注意点について

レジ打ちでミスしてしまった時は、とにかく真摯に謝りましょう

そのミスを大ごとにしないためには、フォローが大切です。

失敗は人間だれしもしてしまうもの。多少遅くても、最初のうちは確実にレジ打ちができるよう頑張りましょう。

 

コンビニバイトを検討されている方は、コンビニスタッフプロモーションをご活用くださいませ!

学生(高校生/専門学生/大学生)、フリーター、主婦(夫)、中高年、シニアなど幅広い年齢層の方が働いています。

未経験の方でも安心して頂けるように、研修トレーナーが丁寧に指導致します。

また、コンビニスタッフプロモーションの魅力は自分でシフトを自由に組める事です。

電話やフォームから、気軽に登録できます!→応募フォームへ