お役立ちブログ

コンビニバイト

アルバイトは社会経験を積むのに最適!その理由とおすすめの仕事とは

  • #理由
  • #おすすめ
  • #バイト
  • #仕事
  • #社会経験
アルバイトは社会経験を積むのに最適!その理由とおすすめの仕事とは

社会経験を積むためにアルバイトを始めるという方も多いようですね。働く経験や仕事仲間とのコミュニケーションなど、アルバイトは学ぶことがたくさんあります。

アルバイトであれば色々な職種で働くことも可能なので、正社員として働く前に自分に合った仕事を選ぶ上でも良い経験となります。

今回は、アルバイトが社会経験を積むにあたって最適だといわれている理由と、初めて働く方にとっておすすめのアルバイトを紹介します。

 

なぜアルバイトで社会経験が積めるのか?その理由を解説

なぜアルバイトで社会経験が積めるのか?その理由を解説

アルバイトと正社員では仕事の内容や責任の度合いはもちろん異なります。しかし、アルバイトだとしてもお給料をもらって働く以上は責任をもって仕事に臨むことが求められます。

お給料を払う雇用側としても、任せた業務を全うしてくれることに期待をしています。この期待を裏切らないことが「責任」だということもできるかもしれません。

学生さんであれば「良い成績をとる」「単位を確実に取得する」ということに責任がありますが、これはあくまでも「自分のため」となるものです。

社会人の場合の「責任」とは、自分のためではなく「自分と関わる人」のための責任を果たすということが言えます。「自分と関わる人」とは雇用している企業やお客様のことです。

最初から社会経験を持っている人はいませんが、アルバイトとして働くうちに社会経験は積まれていきます。年齢差のある人と会話をする機会も生まれますし、状況に応じて分別をつける必要もあります。その経験の中で社会性が育ち、知識やマナーも身についていくのです。

また、アルバイトでの経験は志望動機や自己PRとしてアピールできるため、就職活動で履歴書を書く際にも有効であり、採用側が応募者の社会性を判断する際の十分な材料となります。

当然ではありますが、アルバイトで社会経験を積んでいる人の方が、今まで働いたことがない人よりも社会経験があると認識してもらえます。

 

アルバイトは社会経験にならないと考る人の理由と共通点とは

アルバイトは社会経験にならないと考る人の理由と共通点とは

一方で、アルバイトは社会経験にならないと主張する人もいます。その理由は人それぞれですが、共通点は「アルバイトはアルバイト経験であり、社会経験とは違う」ということです。

ここでいう「社会経験」とは、その質を重視していると考えられます。アルバイトは基本的に末端の作業員という側面があり、割り振られた作業をこなすのが主な役割という場合がほとんどです。

それに対して正社員は、企業の一員として物事にあたる立場です。トラブルがあれば対応しますし、先の計画を見据えもします。仕事内容やその考えの範囲が、アルバイトと正社員では大きく違うことが多いのです。

これらの観点から、アルバイト経験と社会経験は別物だという考え方が生まれるのかもしれません。

アルバイトの種類は沢山あり、その数だけ仕事の質も変わりますが、社会経験にならないわけではありません。与えられた仕事をして社会に貢献していますし、アルバイトだとしても責任をもって働いている限りは、立派に社会経験を積んでいると判断できるでしょう。

 

【年代別】アルバイトで得られる社会経験の価値と効果

アルバイトをする理由は人それぞれですが、基本的にはお金を得るためですよね。ただし、収入を得るためという理由は同じでも、高校生と大学生ではアルバイトから得られる社会経験の価値や効果は違います。

高校生と大学生では周囲の見方も年齢相応で異なりますし、「社会人」としての認識も年齢が高いほど現実のものとして感じやすくなります。

高校生の場合

高校生の場合

高校生の場合は、アルバイトをすることで学校では得られない経験を積むことができます。それは、普段の学生生活では感じられない社会人としての働くことの責任間や、学校だけでは出会えないような新たな仲間との出会いもあります。

学生生活の中で大人と接する機会は先生が多いかもしれませんが、アルバイトであれば大人であっても”バイト仲間”です。年齢の違う人と対等に付き合えたり、場合によっては親ほど年齢が違う人がバイトの後輩になる可能性もあります。また、違う学校の生徒がバイト仲間にいれば、コミュニティがぐっと広がっていくかもしれません。

このように、高校生の場合は普段接することのない人との出会いがあることで、社会性や人間的な価値観を高めるという効果を得ることができるでしょう。

大学生の場合

大学生の場合

大学生の場合は、卒業後は正社員として働くという方も多いかもしれませんが、だからこそアルバイトで社会経験を積んでおくことが大切になります。

大学卒業まで働いたことがなく、卒業後にいきなり社会人としてスタートしようとすると、学生時代の生活とは大きなギャップを感じるかもしれません。

アルバイトをして社会経験を積んでおくことで、自分で働いてお金を稼ぐということや、職場の仲間との付き合い方、任せられた仕事を責任をもって果たすということを身をもって体験することができます。

そうすることで、大学卒業後もスムーズに社会人としてスタートしやすくなるだけではなく、就職活動などでもアルバイトの経験があることがプラスとなって活きてきます。

企業側も正社員として雇い、給料を払うからには即戦力となる人材を望むことは当然です。少なくとも働いた経験の有無については評価の対象となるでしょう。

 

このように、立場によってアルバイトをすることで得られる価値や効果は異なりますが、アルバイトをして社会経験を積んでおくことは、自分の人生においては必ず役にプラスになるものです。

 

社会経験を積むなら!おすすめのバイトを紹介

社会経験を積むなら!おすすめのバイトを紹介

世の中には他にもたくさんのアルバイトがあり、どのような仕事を選ぶかは誰しも悩んでしまうものです。アルバイトは実際に働いてみないとわからない部分もありますよね。

人と接することが好きな方は飲食店などのアルバイトをする方も多いようですが、逆に普段は人と話すことが苦手な方でも、実際に働いてみたら意外と自分に合っていたということもあります。

いずれにせよ、貴重な自分の時間を労働に費やすわけですから、より自分合ったアルバイトをしたいですよね。

 

社会経験を積むのにコンビニバイトがおすすめの理由

アルバイトで社会経験を積むという意味では、コンビニエンスストア(コンビニ)はおすすめです。接客業ですから老若男女色んな人と接する機会が増えますし、商品の陳列からレジ打ちなど、接客で必要なことをトータルで経験することができます。

また、コンビニは普段からよく利用しているという方も多いかもしれませんが、他のアルバイトよりも仕事内容や職場の雰囲気がわかりやすいという面もおすすめするポイントです。

最近のコンビニでは単に商品を購入する場所というだけではなく、配送サービスやチケットの販売などサービスも充実し、日常の生活に必要なものが一通りそろっています。

そのため、商品やサービスが充実している分、アルバイトとして覚えることや仕事内容は増えますが、すべての作業がマニュアル化されているため、初めてアルバイトで働く場合でも働きやすい環境が整っています。

 

社会経験を積みたい。でも初めてのアルバイトなので、どのような仕事を選ぼうか迷っている。。。という方は、コンビニバイトも検討の一つに入れてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

今回はアルバイトが社会経験を積むにあたって最適だといわれている理由と、初めて働く方にとっておすすめのアルバイトを紹介しました。

正社員として働く場合と違い、アルバイトであればいろいろな職場で働く経験をすることができます。また、その中で自分に合う仕事、合わない仕事を見極める上でもアルバイトとして経験しておくことはとても大切です。

自分はどのような仕事で働いてみようかと悩んでいる方は、この記事でも紹介しましたコンビニバイトで働いてみてはいかがでしょうか?

 

コンビニで働く体験をしたい方はコンビニ派遣がおすすめです

私たち、コンビニスタッフプロモーションは、「好きな時」に「好きな場所」で働けるをコンセプトにしたコンビニエンスストアに特化した人材派遣会社です。 働く日や働く場所を自分次第で選択することができます。

未経験者やブランクのある方でも大歓迎ですので、「コンビニで試しに働いてみたい」という方は、ぜひ、コンビニスタッフプロモーションのコンビニ派遣をご検討ください。

コンビニ派遣ならコンビニスタッフプロモーション